グロース株はどうして上がったタイミングで購入するのか?

和製バフェットです。

読者様からご質問がありましたのでご回答いたします。

和製バフェット様 いつも楽しく拝見しております。
私もバフェット太郎さんの本を読み、今年から米国株を始めたため、当初はタバコ株など、高配当低成長株を中心に購入していたのですが、資産の上昇が和製バフェット様のようなグロース株投資の方よりも非常に遅く感じた(もちろん、金額の大きさが全く違うのもありますが。)ため、和製バフェット様の記事を参考にハイテク株(とはいっても、MSFTやAPPL、Vなど、今や生活に欠かせない銘柄ですが)なども組み込むようにしております。 こういったことに気づかせて頂いた和製バフェット様には非常に感謝しているのですが、一つどうしても理解できないことがあり、ご連絡させていただきました。 本日の記事でグロース株の購入タイミングについて、カップの端での購入を推奨されておりますが、成長するであろうと信じる銘柄のカップの落ち込む(落ち込んだ)タイミングで購入をすべきではないのはなぜなのでしょうか?成長株に投資するという点は非常に納得しているのですが、成長株が最高値をつけ、一度落ち込み始めても、株価が戻ってくると信じられるのであれば、最高値のところで、買った方がよいという理由が自分の中では腹落ちできておりません。 お忙しいところ、非常に初歩的でお伺いするのも大変恐縮ですが、この辺りについて今後のブログやご返信でご説明頂けると非常にありがたいです。よろしくお願い申し上げます。


追記
記事を参考にさせて頂き、日本、米国ともに成長株を組み入れたことで、昨今はまだまだ小さいながら、資産の拡大が目に見て見えるようになりました。(株価の好調さも大きな要素だとは思いますが) 本当にありがとうございます。 これからも、ブログなど楽しみにしております。

ワタ様
ご質問ありがとうございました。
なお、上記の質問にある本日の記事とは2019.12.5に書いた記事になります。
【順張り】敬愛なるバフェット太郎将軍へ、和製バフェット式マクドナルドの買い方を伝えたい。【チョコ化】

いきなり結論

結論から申し上げますと
グロース株投資においては購入するタイミングが大切であるからです。

タイミングを測る理由

和製バフェットは株の評価額が8%マイナスになったら損切りをしますが、評価額が8%マイナスに下落する可能性を最小限にするためにはブレイクアウトしたちょうどのタイミングがベストだからであり、それは過去に多くの成長銘柄が描いてきた取って付きカップと呼ばれる取っ手の高値で買えば歴史は繰り返すという言葉通りにその後の上昇気流に乗って資産が増えていく可能性が高いと考えているからです。
(もちろん可能性の問題なのでそうじゃない可能性、つまり多くの方が恐れる高値掴みも当然ございますが、一定の確率で高値掴みは起こりうるもの、その時は仕方ないと割り切ります。)

取って付きカップとはコーヒーカップを横から見たような形をしており、グロース株投資家なら必ず頭に入れておくべきチャートになります。

何故なら、人間の本質は昔から変わらずに、チャートというのは人間の本質や群衆真理を表すものであるため、100年前、50年前のチャートのパターンと今のチャートのパターンはまったく同じや似たような形であるからです。
そしてこれを心得ている、理解している投資家は少なく知っていれば株式投資で優位に立つことができるからです。
(オニールが言うには多くの投資家はチャート解析を難しいと言って取り合わないそうです。)
もちろん、取って付きカップ以外のチャートパターンもありますが、取って付きカップが最も頻出として見られるチャートのパターンとなります。
詳しくはウィリアム・オニールの成長株発掘法をお読みくださいませ。
多くの成長株のチャートパターンを繰り返し見ることで何となく感覚でわかってくると思います。

和製バフェットの考察

上記はウィリアムオニールの本に書いてあることでオニールの本を精読されている方にはああ、オニールと同じことを言っているねと思われることでしょう。
それでは読者の方には参考にならんでしょうから和製バフェットがなぜ高値で買うことが大事かをお伝えします。

まずはご質問者様は将来成長を信じるだろう株で有れば取って付きカップの真ん中で購入した方がいいんじゃないか?と言われております。
下のチャートで言うと緑の印ですよね。

確かにこれだけを見れば上手く底値で拾えていて、上手く買えているという印象を持ちます。
しかし、これは今だから言えることであって、もしかしたら底値で買っていたらそのままスルスルと下がっていき二度と回復しないことも十分あり得ます。
その場合は資産が増えるどころか減ることになってしまいます。
そして最悪無限ナンピンを繰り返し、心理的に損切りしづらくなってしまうの無限ループに陥ってしまう可能性がございます。
何故ならいくら投資基準をクリアーした成長株と言っても株式市場において絶対に安全な会社は存在しないし、未来のことはわからないからです。
上記の買い方はグロース株投資ではなくバリュー株投資家の買い方ですね。
つまり市場の評価よりも割安に放置されているということがわかる投資家の買い方であり、和製バフェットはこの買い方は凡人はやめておいた方がいいだろうと考えております。
何故ならバリュー株は財務諸表が楽々読みこなせる、ビジネスに対する鋭い嗅覚を持っている、自身でビジネスをやっていて成功したことがあるなど投資家として非常に高い能力が要求されるからです。
例えば話題のタバコ株なんかまさにそうですよね。
一時的に割安になっているのか?それともクソ株だから安くなっているのか?がわかる方以外は手を出さない方がいいでしょう。

反対に高値で買っているチャートを見てください。

この場合は取って付きカップ右端で購入しており、その後の上昇気流に乗れていることがわかると思います。
もちろん銘柄がその後上がらなかったら高値掴みをしてしまう可能性も当然ありますが、初めにお伝えした通りにチャートと言うのは50年前、100年前と同じような形を繰り返す傾向にあります。
つまり取って付きカップの右端というのは成長株の特徴であり今後上昇する可能性が高いということが言えますので、確率から言うと高値掴みするよりも上昇していく可能性の方が高いでしょう。
そのため、そのことを頭に入れておけばバリュー投資家と違って財務諸表を読みこなす能力も必要とされませんし、ビジネスに対する鋭い嗅覚も必要とされません。
必要とされる能力は主に忍耐力・自制心・継続力の3つになり、高値掴みを恐れない勇気と高値掴みしてしまってもスルーできるメンタルで、あとはそれほど特別な能力は必要とされませんし、クソ株を掴む可能性を低くすることができるでしょう。
といっても、ある程度は決算書が読めるくらいの能力(簿記3級程度)は合った方がいいでしょう。

まとめます。

成長株と言っても底値買いはその企業が一時的に安くなっている目を持っていない限りは避けた方がよい。
何故なら株式市場において将来はわからないし、絶対に安全な会社は存在しないからです。
ゆえに成長するであろう銘柄でも株価が上がっているのを確認してから買う、そして購入した買値から株価が下落したらしばらく様子を見て、再び上がってきたら買う、下がっているなら買わない、一定以上下がったらその時はその時と損切りする。
米国株ブログ村では長期保有が強調されますが、保有銘柄をフォローをしていった結果としての長期保有であり、初めから長期保有ありきはくそダサい投資家だと考えます。
理由は途中でクソ株になるかもしれないからです。
クソ株を保有する理由はありません。
つまり、

「成長株&順張り&フォローした結果としての長期保有」

このやり方が凡人が効率よく、そして確実に資産を増やす投資方法であると和製バフェットは考えます。

参考:1990年~2000年のシスコ・システムズの買い方です。
前回よりも高値で、そしてきちんと取って付きカップの右端で購入していることがわかるかと思います。
これがグロース株投資の正しい買い方になります。
(正しいというと突っかかってくる奴いそうですが)

なお、CSCOはこの後ITショックで暴落に巻き込まれるのですが、買値からマイナス10%になったら売却をするなどの基準を決めておけば資金を守ることができます。
なので、自分が保有するハイテク(MSFT、V)に関しては全体の評価額がマイナス8%になったら売却ではなく、最後に買った買値からマイナス10%になったら例外なく売るとしたほうがいいのかもしれませんね。

最後にワタ様の投資人生並びに資産形成の一助となれたら幸いでございます。

ドゥーユアベスト

4 件のコメント

    • ワセリン様

      このサービスはいいと思います。
      心理的に損切りができない方にはとっておきでしょう。

  • いつも解説ありがとうございます️
    先日ボーナスが出たのでウン十万程
    突っ込もうと考えています。✌️
    候補MSFT.apple.dis…etc

    さて話は変わりますが最近のGE氏のblogの
    動きが不思議過ぎて一読者として
    心配になっております……

    彼の文才や語彙力はかなり見習うべき部分が
    あると思いますし尚且つ笑いのセンスまで抜群
    (アナルの話がツボすぎて笑い死ぬ寸前)
    そんな彼のblogを見るのが楽しみでしたが
    急に過去投稿を消してみたり、太郎氏をディスって
    みたり(これは前からかww)和製氏?とも
    受けとれる人物をディスってみたりと
    非常に不可解に思います。
    私の勝手な見解ではお二人は戦友であると
    思っていたのですが……

    何か心配事や精神に異常をきたす程追い込まれて
    今の状態になってしまったのであれば
    何か+になる物を見つけ快方に向かって欲しいです

    って和製氏に言っても仕方ないのですが(笑)
    お二人の間柄が悪くならんよう、二人の読者として
    願っております………
    私はゲイではなく知っての通り女性が
    大好きですが(笑)同時に二人も大好きです。
    いつかお二人のコラボネタが出来たら
    最高と思い、blogの更新毎日楽しみにしています!

    • ☆りゅ~☆様

      MSFTとおススメですよ。
      APPLEに比べてチャートがキレイなのが一番の理由ですね。
      自分はMSFTかAPPLEならMSFTを選択します。

      GE坊やはあれはあいつなりの激励だから大丈夫大丈夫。
      いつものこと。
      あいつにはおれからメッセージを送っておきます。
      おそらく何らかの反応があることでしょう。
      お楽しみに!

  • コメントを残す