投資初心者が高配当株から成長株へ移行するタイミングは?

和製バフェットです。

読者の方からご質問いただきましたので回答したく思います。

はじめまして!
投資初心者が高配当株投資からハイテク株、成長株投資へ移行するタイミングはいつがいいでしょうか?
差し支えなければ教えてくださいませ。

M様、ご質問をありがとうございます。
早速回答いていきたく思います。

結論

いつでもOK。
今すぐでもいいし、半年後、1年後でもいいです。
まあ、心の整理がついてからがいいでしょうね。

理由

投資は100%自己責任&100%自由だからです。
定期的に配当があった方が長続きする性格なら高配当銘柄の方がいいですし、配当よりも資産を大きくしていきたいというのであればグロース株の方がいいでしょう。
これは自身の性格・方針・目的から考えて一番しっくりくるやり方を取ればいいと思います。
繰り返しますが、投資は100%自己責任&100%自由だからです。

なお、自分は資産形成期の投資家は配当金は一旦置いておいて、総資産を増やすことに注力を置いた方がいいと考えております。

プラス銘柄とマイナス銘柄の扱いについて

高配当銘柄に投資しているとなると、いくつかはマイナスになっていると思われます。
マイナスの銘柄はプラスになるまで待っていようと考えているかと思います。
しかし、高配当銘柄から成長株銘柄に移行しようと思うなら、マイナスがプラスに回復してからではなくマイナスになっていようが全てスパッと現金化して移行した方がいいと自分は考えます。

こう考えてください。
今投資している金額と同じ金額があるならば、現在投資をしている高配当銘柄に追加投資をするだろうか?
と。

高配当銘柄を持っている限りはその分の資金が成長株で運用できず、全体の収益で見たら既存高配当銘柄を損切りして成長株に投資をした方がトータルで見て収益が上がるということは十分に考えられます。

決断できなかったがために本来得られるであった収益が得られないことは目に見えていないだけで損失と変わりありません。
1万円の儲けを逃すというのは1万円損しているとイコールです。
このことを投資用語で「機会損失」と言います。

わかりやすく別のたとえで言うならばスポーツ球団として使える予算の範囲内で選手に年棒を支払うならば、活躍してくれそうな選手に多くの年棒を支払い、活躍しなさそうな選手は年棒を少なく支払う、ダウンする、状況次第では首にして浮いたお金でより活躍が見込める選手に年棒を支払った方が結局はみな均等に年棒を支払うよりもスポーツ球団の成績も良くなることでしょう。
それと同じで、成績が良くない銘柄にお金を使うならば、見限って浮いたお金で成績が良い銘柄にお金をつぎ込む。というやり方です。



なお、ブログ村には一定数、暴落する、暴落すると暴落を連呼をすることにエクスタシーを感じる特殊な性癖を持ったおじさん達がいますが、スルーしてください。
これは言い換えれば年利100%だからフルインベストしろと言い続けないと正気を保てないと同じことです。
もし見かけたら私に言ってください。
私がおれは暴落を知っているぞおじさん達に対して年利100%だからフルインベストしろ、フルインベストしろと言い返してあげます。



「一時的なマイナスは仕方ない、長い目で見てトータルで儲かったほうがいい。」
この考えができるようになり、長期投資において一定の損は仕方ないと割り切れるようになれば、今よりも投資が上手くいくと思います。

追記
踏ん切りがつかない、背中を押してほしい!と言うのであれば和製バフェット軍にいつでも入隊してくださいませ。
戦闘力を高めたい猛者どもがゴロゴロしておりますよ。

最後にM様の投資人生並びに資産形成の一助となりましたら幸いでございます。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

コメントを残す