2019年って本当にそんなに良かったのか!?

和製バフェットです。

全力米国株殿がツイッターで過去22年間を振り返ったらそうでもなく通常通りと言っておりました。

つーわけで自分でも調べてみました。
1985年~です。

1986年~1995年



10年中マイナスの年は1年間
10年中3年が30%超え

1996年~2005年



10年中マイナスの年は3年間
10年中1年が30%超え
ただ、3年連続でマイナスは流石にキツイと思います。

2006年~2015年



10年中マイナスの年は1年間
10年中1年が30%超え

2016年~2019年



4年中マイナスの年は1年間
4年中1年が30%超え

まとめ

34年中28年がプラスの年、6年がマイナスの年になります。
うち30%超えは6年。
ってなわけで超特別な年ではなく例年よりも良い年くらいだったね( ゚Д゚)ってことがわかったよ。

「負ける人の特徴は冷静にモノを見ることができない」
by cis氏

とのことなので、今年は良い、今年は良いと言っている人は冷静に数字を見るべきですな。

なんで、おれは一個人投資家の単なる意見よりもマーケットの方が常に正しいと思っていますので、今後もマーケットという「事実」を見て投資をしていきます。

ちなみに、私はこの1年数多くの不思議な投資家に出会ってきました。

例えば

Ex1.目の前でお金が解けることに何故か?喜びを感じる投資家。
Ex2.市場平均を大きく下回る投資方法を語ることに何故か?喜びを感じる投資家。
Ex3.2019年前半~中盤~後半までに大流行であったお金が増えない高配当再投資のみが正しくて、資産が大きく増える可能性のあるグロース株投資を何故か?否定する投資家。

といった不思議な投資家達です。

そのためお金でなく意味不明なプライドを投資している投資家がいようとも今更何故?とは思いませんし、驚きもしません。
そしてあなたが大切なお金じゃなくて1円にもならない意味不明な自分のプライドを投資しようとも止めはしませんよ。
何故なら株式投資は100%自己責任で100%自由なのですから。

ドゥーユアベスト

7 件のコメント

  • 和製バフェット様、いつも見ている読者です。

    Youtubeに次の動画が投稿させていました
    https://www.youtube.com/watch?v=FgBl1MSmzS4
    米国市場に投資することは常に為替リスクがあり、また米国集中投資をするのはナンセンスだという内容でした

    私も米国集中投資ですが、この動画について将軍様のご意見を伺いたいです

    • あい様

      動画拝見いたしました。
      結論から言うと今後もアメリカが成長すると思えばS&P500でいいですし、
      アメリカ以外にも投資しておいた方がいいと思えば全世界(VT)に投資をすればいいと思います。
      マネーカレッジというのは商売でやっていると思いますので、叩かれないため最も安全な投資方法を推奨しているのではないでしょうか?

      自分は今後もアメリカ並びにアメリカの多国籍企業が成長すると考えていますのでアメリカに投資をしていく次第です。
      しかし、20年後とかはもしかしたら変わってるかもしれませんね。

  • 何年たっても未だに市場平均に勝てないくせに偉そうに語ってる可愛そうな投資家。
    その言い訳がいつもリセッションが来たら逆転するって・・・
    いざリセッションが来たらそいつ消えると思うんだけど(笑)

    • あかいろ様

      BF太郎氏の理論だとリセッション時に本領発揮とのことです。
      どうなるんでしょうか?
      自分はヤバそうだと思ったら一旦売却して落ち着いてくるまではキャッシュにしておくというやり方でもいいと思っています。

  • 和製バフェット様

    去年の今頃はVOOやVTIを損切りするという、クソださいどころではない論外投資家が大量発生しましたが、今年は特に波乱もありませんでしたね。短期で手放すならインデックス指数に投資するなよと呆れましたが、今年のような順調な年は無難でつまらないのもインデックス投資の醍醐味ですね。

    来年は相場がどうなるか楽しみですが、個人的にはバーゲンプライスに期待してますので、トランプちゃんには派手に暴れて貰いたいものです。

    良いお年をお過ごし下さい。

    • インデックス投資家様

      インデックス投資は刺激がなくつまらないのが問題?ですが、最も確実で堅実な投資方法ですよね。
      インデックス投資家様も来年も今年と同じように上手くいくことを願っております。

  • コメントを残す