GEドッグ(旧名GE坊や)へ

和製バフェットです。

我が盟友であるGE坊やへ聞きたい

とりあえず和製バフェットの犬ってなんだよw

まずは、2018年10月の時点でBTIというクソ銘柄に投資をしてはいけないと人々に啓蒙活動をしておきながら、何故か知らんがBTIに集中投資をし、案の定爆損して高配当銘柄に投資をしてはいけないという姿を隠さずに皆様に伝えてくれたことは評価に値する。
目先の高配当に目がくらんだ欲豚になるのでなくもっと長期的な視野で物事を見なければならないというような趣旨を言っていたがまさにその通りだった。

しかしだ、ここらでもうネタは終わらせて、実際に真剣になって自分自身も資産形成に力を入れてはどうか?

貴君の現時点での考えを聞かせて欲しい

・今後も目先の配当に目がくらんだ欲豚としてBTIや高配当銘柄に投資をし、配当をもらうたびに、「1円も得しないからね?税金分損だよ?」という声を耳元で囁かれ涙目になるのか?

(上記画像は配当が支払われる度のGE坊やです。)

・2019年5月の時にビザとマスターカードを最強の米国株と言っていたように、今後も利益成長が見込める無配or低配の成長株に投資をし、一時的な下落があれどもそれは致し方ないと割り切り、成長株を見立て違いした時は己の自尊心やプライドなど関係なく損切りをし、中期~長期的な視点で投資を考え財産を作っていくのか?

・GE10種ないしはGE10種に変わる新しいポートフォリオを作成し米国株ブログ村に新たな旋風を巻き起こすのか?

・完全なネタキャラになるのか?

どうなんだ?
2017年、2018年、2019年は最悪だったが、2020年からは厄が抜け本格的な投資が始まるというような趣旨を言っていたが、今の考えを聞かせてくれ。
まだ2019年は2か月残っているけど。

おれは戦闘力3億を目指しているが、今回のマクドナルドの下落、ビザの謎の下落、スターバックスの3ヵ月前の最高値から15%下落とやはり戦闘力3億への道は中々に厳しいと感じている。
流石目標とする3億だ。
すんなりとはいかせちゃくれねえ。

しかしだ、これこそがおれが求めていたものである。
過去多くの挑戦者を跳ねのけてきたであろう3億。
今後も多くの苦難があるだろう。
が、必ず達成してやると心に誓っているぜ!

最後にGE10種の2019年の10/23時点での年初来のリターンだ。
参考にしてくれ

  • ビザ:+29.50%
  • マスターカード:+38.49%
  • マイクロソフト:+34.26%
  • アマゾン:+17.56%
  • グーグル:+18.78%
  • アリババ:+23.94%
  • マクドナルド:+12.22%
  • スターバックス:+29.60%
  • ユナイテッドヘルス:+0.14%
  • ナイキ:+28.95%

    (参考:S&P500は+21.37%)

では返事を待つ。
追記・・・集中投資をやると必然的に真剣にならざるを得ないから、真剣にやりたいが、どうしても甘えが出てしまうというのであれば集中投資はいいと思うぜ。
GE10種のうち3~5銘柄くらいに絞ってやるのはいいと思うよ。
もちろん資金を守らないといけないから損切りは〇〇%で買い増す時は前回よりも高値でというルールをきちんと決めた上でね。
おれは損切りマイナス8%で買い増しは前回よりも高値でというルールでやっているよ。

あと、何故か米国株ブログ村は分散投資&バリュー銘柄が正しいという考えに支配されてるけど、これらはすべてブロガーの方の個人的な意見や考えである。
そしてこれも不思議なことに何故かタバコ株のような過去優れたリターンを上げた銘柄で資産を増やすのは実力通りで、グロース銘柄で資産を増やすのはたまたまで再現性がないという考えだけど、常に正しいのは個人的な意見や考えでなくマーケットであるという考えであればきっとうまくいくと思う!

言っておくが完全体バフェット太郎とはお前も戦うんだぞ?

太郎へ、まだ第一形態だろうが、とりあえず年内に第一回バフェット太郎ゲームを開け。いいな?
戦士がたくさんあつまるだろうから生体エネルギーを吸収し放題だ。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

2 件のコメント

  • むう、やはり年初からここまでプラスが大きいので、私みたいに7月あたりに買っていると
    どの銘柄も最近の意味不明な下げの影響が大きいようです。
    今日、スタバもマイナス8%になったので損切しました。

    ビザも決算がいまいちだと即マイナス8%圏内になりそうなので、そうなるとマイクロソフトと
    VOOなどのETFしか私のポートフォリオでは生き残れませんね。

    年初に買った人はウハウハなのを考えるとマイナス8%損切は決算が出る前にやるとただの
    損切貧乏誘発になりそうな気もしますし・・・。好決算なら改めて購入or全体が暴落したところを
    購入、ですかねえ。7月の高値圏(今から考えると、ですが)で購入はあかんかったですね。

    VOOは暴落時買いましでいいとして、個別株はこのままこの3ヶ月のようにヨコヨコが続くようだと
    購入時期が難しい。ぽすとさんじゃないですが、やはりETF最強ですねえ。

    • zaq様

      スタバは今は下がり傾向なのでいったん損切りして正解かもしれません。
      私はまだプラスになっているのでホールドをし続けますが。
      今後の値動き次第では見立てが外れたと認識して売ります。
      資産形成上小さな損は仕方ない、小さな損を補うほどの大きな得があればいいと割り切ります。
      1勝9敗でもリターンがあればいいという考えです。

      ビザに関しても決算次第でどうなるかは神のみぞ知るというところですが、
      売上&EPSが予想通りor以上ならば株価は通常上がりますので好決算を心して待ちます。
      なおペイパルは好決算で株価が+9%上がっていましたので期待できそうです!

      マイクロソフトも今は横ばいですが、いずれ上昇気流に乗ってくれるであろうと待つしかないでしょうね。
      私はマイクロソフトが上昇気流に乗り始めたら買い増しをしていく次第です。

      成長株&順張りは精神を使うので、VOO 1本が総合的に考えてシンプルかつ最強なのは誰も異を唱えることはないでしょうね。

  • コメントを残す