BTIに集中投資したくそダサい欲豚投資家へ

和製バフェットです。

BTIで苦しんでいるくそダサい欲豚投資家へ

「成功したければ成功している人を真似をする」
という至極当たり前のことを以前おれは書いた。

米国株ブログ村にはkaoruさんというFP1級の資格を持って、かつ1億円を運用している凄腕の投資家がいる。
米国株ブログ村に存在する口&態度だけはすごい投資家(失礼)と違って自分のことを控えめに言っているが、FP1級&資産1億円というのは間違いなく米国株ブログ村ではトップレベルであろう。
あと、FP1級がしょぼい、資産1億円がしょぼいと言うやつは実際にやってみてから言ってね。
煽るわけではないけど、そのステージに来てない人間が言う資格はないからね???

そのkaoruさんがこのような記事を書いている。
注目記事第1位だったから坊やも既に見ていると思うが

高配当の米国株で損する人が続出!銘柄を選ぶときの重要ルールとは?

やはり1億円を作った方だけあって非常に説得力がある。
特にいいなと思うところをピックップすると

  • 下がったら買うは安値拾い!それはバリュー投資ではない
  • 「今年上昇した銘柄は、来年も引き続き上昇傾向」
  • 「今年下落した銘柄は、来年は更に下落する傾向」
  • 1億円を達成した裏には「最高値の買い増し」がありました。
  • 1年以上も下落トレンドが継続している銘柄は避ける

という文章だ。
どうだろうか?
「成功したければ成功している人を真似する」
という至極当たり前の成功法則を用いてkaoruさんの提唱する投資方法を真似てみてはいかがだろうか?

米国株ブログ村にはお金よりも自分の意見やプライドを投資していてマーケットを打ち負かそうとしている不思議な?方々がいますけど、正しいのは常にマーケットであり、自分の意見やプライドなどどうでもいいのである。
儲けるためにお金を投資をしているのであり、自分の意見の正しさ、プライドなどどうでもいいのである。
投資をするのはお金であり、自分の意見やプライドではない。

そして誤解を恐れずに言うならば上がっている銘柄が正しく、下がっている銘柄が間違っているのである。
これに関してはウオール街で勝つ法則という本にも過去のデーターが乗っていて歴史から見ても極めて正しいと言える。

そしてこの傾向は未来永劫変わらないだろう。
何故なら人間が持つ喜怒哀楽という感情は人類が誕生してから変わってないからであり、今後も変わらないからである。

アップルやマクドナルドやコカ・コーラを売却したと言っているが、もし今同等のお金があったらブリティッシュ・アメリカンタバコに集中投資をするだろうか?
それともアップルやマクドナルドやコカ・コーラに投資するのだろうか?
成功者であるkaoruさんの記事を読んだうえ、改めてじっくりと考え直してはいかがだろうか?

今までの米国株ブログ村の考えとはある意味真逆で、一定の方々にとっては都合が悪いかもしれないが、「長期」で見るならばこそ順張り投資が最も儲かる「可能性」が高い投資であると言っても過言ではないのである。

長期メディテーションを経たGE坊やの復活を待つ

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

コメントを残す