最強の成功法則PDCAサイクル

和製バフェットです。

最強の成功法則「PDCAサイクル」のススメ

2020年もPDCAサイクルを用いて仕事・投資・私生活を回していきます。
自分が知る限り最強の成功法則であり、あらゆることに適応できます。
皆さまもぜひPDCAサイクルを用いてください。

追記
自分はPDCAサイクルをEvernoteというクラウドノートを用いて行っています。

使い勝手がよくて大変おススメです。

ドゥーユアベスト

7 件のコメント

  • 和製バフェットさん、こんばんは。

    薔薇の艦隊
    https://rosefleet.net/
    ローズです。

    有益な記事、ありがとうございます。

    主人エディから新年の御挨拶をいたしましたが、
    あらためまして、本年もよろしくお願いいたします。

    PDCAの話がありました。
    このなかの「Check」について、お尋ねします。

    和製バフェットさんの運用方針を拝読し、
    下記の二つが「Check」に相当すると認識していますが、正しいでしょうか?

    ①テクニカル
    購入価格から8%株価下落

    ②ファンダメンタルズ
    市場予想を二四半期連続でアンダーパフォーム

    ①については、特に異論はありません。
    8%であろうと、10%であろうと、
    資産保全のため、損切基準を事前設定しておくことは重要だと考えます。

    追加するとすれば、
    株価最高値から8%下落で利確という売却基準があってもよいのかな、と感じます。
    いかがでしょうか?

    ②については、疑問があります。
    市場予想との「相対評価」で判断するのではなく、
    和製バフェットさんの独自基準(*)から逸脱した場合、
    売却を検討するという「絶対評価」では駄目なのでしょうか?

    市場のアナリストの事前予測など、
    たいしてあてにならない、という不信感が前提にあります。

    ならば、自分の独自基準のほうを重視すべきではないでしょうか?

    (*)和製バフェットさんの独自基準

    勝てる官軍はどうやって見つけるのか?

    成長しそうな企業を見つける。

    財務状態を見る。
    具体的には
    ・営業キャッシュフローが増えている
    ・営業キャッシュフローマージンが15%以上
    ・営業キャッシュフロー>純利益
    がクリアーしているか否か。
    そのうえでチャートが右肩上がりかどうか。

    https://waseibuffett.com/water-is-the-strongest-long-term-stock-that-②/#comment-859

    より引用しました。

    見解をお聞かせください。

    追伸)メリークリ**スは、封印してください。女性読者の支持を失います。(笑)

    • ローズ妃

      こちらこそ本年度もよろしくお願いいたします。

      ①売却基準についてですが、マイクロソフトとビザに関しては変更するかもしれません。
      まだ明確には決めてはいないのですが株価が最高値から10%下回ったor最後に買った価格から10%下回った
      ら売るという風にするかもしれません。
      これに関してはまた決めていきたく思っています。

      ②四半期決算に関しては
      「広瀬隆雄氏」が提唱されております四半期決算を参考にしております。
      https://member.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/stock/debut_us/0002.html
      これに関してはアメリカの投資家の間では常識と考えられている極めて普遍性の高いものであるとのことなので独自のやり方にはこだわらずに
      売上、EPS、次回ガイダンスの1つでも予想を下回ったらNG決算であるというのは重視すべきであると思います。
      そしてこれが2回も連続で続くようであれば・・・とシビアに見るべきではないかと考えております。
      しかし、自分が選択している銘柄は年に100%、200%とか一気に株価が上昇するようなものではなく、良くても年に30~40%くらいの銘柄であります。
      そのため、ある程度は猶予を与えたいと思います。
      ゆえに、2期連続で下回っても株価が売却基準になっていなかったら保有をしたく思います。

      なお、
      >・営業キャッシュフローが増えている
      >・営業キャッシュフローマージンが15%以上
      >・営業キャッシュフロー>純利益
      >がクリアーしており、チャートが右肩上がりである。
      は銘柄選択基準の段階ですね。
      この条件をクリアーした銘柄に投資をしていきます。
      さらに付け足すと、上場してから10年~20年は経過しており、営業キャッシュフローマージンが15%超えの銘柄になります。
      この条件をクリアした銘柄が中期~長期に渡って付き合うのにふさわしい銘柄であると考えております。
      しかし、銘柄選択時に条件が合致したとしても他のライバル企業に負けたり、時代の流れで衰退していくという可能性がありますので四半期決算を確認していくことで
      決算はしっかりと予想を上回っているか?前年同期に比べて売上&EPSはどの程度上がっているのか?というのを見ていきたく思っております。

      今のところ上手くいっているため引き続きこれでいこうかと思っております。

      追伸)メリークリ**スはすまぬです。
         でも男ってアホだから下の一つや二つは挨拶みたいなもんですよ。

  • ローズ殿

    >追伸)メリークリ**スは、封印してください。女性読者の支持を失います。(笑)
    めっちゃ笑いました。ツボりました。ご挨拶遅くなりましたが、いつぞやは東大バフェットのことをお褒め頂きありがとうございました。

    将軍殿
    自分のブログではないのに、勝手に他の人のコメントにコメント付けてすみません。。。

      • 和製バフェットさん、こんばんは。

        薔薇の艦隊
        https://rosefleet.net/
        ローズです。

        本日、四天王のひとり、東大バフェットさんから御挨拶をいただきましたので、
        この御縁を機に、自由投資同盟の一員に迎えました。

        このことを、和製バフェット将軍に報告しておきます。

        今後とも、よろしくお願いいたします。

        • ローズ妃

          ご報告をありがとうございます。
          こちらも今後ともよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す