2019年9月末の法人の投資はVOOに投資をしました。

和製バフェットです。

和製バフェットは法人でも証券口座を開いております。
これは運営している収益不動産の売上減少を補うためです。
以前は個別株で運用をしていましたが、負担を減らすためにVOO+VGTのETFで運用をすることになりました。
資産運用はほったらかしにして本業に集中した方が収益は上がるだろうと考えたからです。

個人でも個別投資、法人でも個別投資でやっていた時は負担が大きかったです。
特別な選ばれた人間以外は複数のことを上手にやれないと思いますでの、今後法人はVOO+VGTのほったらかし運用で行っていきたく思います。

法人の投資は毎月末日でVOOに投資をしました。

個人は毎月中旬、法人は毎月末日に投資をしております。
9月はVOOに投資をしました。
VOOはS&P500に連動したETFで経費率も0.03%(年率)で万人におススメできる投資商品でしょう。

VOO+VGTの投資方法、運用方法

これは超簡単です。
毎月定期定額積立投資を行っていくだけ。
会社の業績を見たり日々株価の動きを追う必要はありません。
これを数年単位~十数年単位で行っていけば時間とともに資産が増えていくことでしょう。
和製バフェットは以下のようにポートフォリオを組んでいます

これで10年、20年スパンでやっていけば大概の人が億いくんちゃいますか?

2019年10月2日現在のVOOとVGTのリターン

2019年の現在までリターンは

・VOO 20.47%
・VGT 30.47%

となっております。
ここ5年間のチャートはこんな感じになっています。

個別株の場合はフォローしていかなければいけませんが、ETFの場合はほったらかしでいいので非常に楽ちんと言えるでしょう。

VOOはウォーレンバフェット推奨のETFであり、VGTは第4次産業革命&5G時代に活躍してくれる企業群の集まりですので、高いリターンが期待できることでしょう。

投資をしたいが個別株はちょっと敷居が高いという方には
VOO+VGTの組み合わせはおススメですよ。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

2 件のコメント

  • おーい、太郎とキャラかぶってきたよー。ちゃんと設定忘れずキャラ使いわけないと。
    自作自演プロレス付き合ってんだから
    もっと馬鹿キャラだろ?和製のほうは

  • コメントを残す