2019年10月末の法人の投資はVOOに投資をしました。

和製バフェットです。

和製バフェットは個人口座以外にも法人口座にて証券口座を開設しており、株式投資をしております。
法人は毎月末日に投資をしております。
これは定期定額積立投資といって相場関係なしに一定の間隔で投資をしていくやり方で、ロングスパンで確実に堅実に資産形成をしていく投資方法になります。
10月はVOO(S&P500連動のインデックスファンド)に投資をしました。

ポートフォリオはVOO+VGTです、

法人口座のポートフォリオはVOO:VGT=50:50のシンプルポートフォリオです。

これはチンギスハンさんが提唱しているコスパ最強のポートフォリオになります。
私は法人口座も個別株運用をしていたのですが、負担が大きくて、VOO+VGTのポートフォリオで運用することにしました。
精神的負担がグッと減って本来の業務に専念できることになりました!

個別株はきちんとフォローをせねばなりませんので色々と労力がかかります。
当然その分リターンも大きいのが醍醐味ですし、楽しみもあるのですが、資産の拡充は精神面も加味して最大限でなくてもいいから楽にやりたい、コスパを追求した投資をしたいという方にはVOO 1本 またはVOO+VGTはおススメですよ。
(VTI+QQQでもOKです。)

【個別株】
重力室での修行

【ETF】
平地での修行

みたいなもんです。

最後に一応念のために伝えておきますが、個別株投資をする場合は成長株を組み入れないとS&P500を超えるのは難しいと考えております。
そのため配当が高いとか安定しているとかいう理由で古く現状維持的な銘柄ばかりを組み入れるとリターンが減ってしまい、個別株に投資をする旨みが減ってしまうと思います。
それならば初めからS&P500に投資をするという選択肢をするのが良いと思いますよ。

追記
S&P500とナスダックが最高値をつけましたね!
VOO+VGT or VTI+QQQで楽ちん投資が総合的に一番かも?
S&Pとナスダック最高値更新、雇用統計好調

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

3 件のコメント

  • 質問なのですが、よろしくお願い致します。
    たぶん、皆が聞きたいことだと思うのですが、
    将軍がもし、不動産収入や太陽光の収入が無い場合でも配当の無い、又はほぼ無い銘柄にだけ投資しますか?
    配当金投資をしてる投資家は不労所得を得たくて高配当銘柄に投資してると思います。
    とても面倒な質問だと思いますが、よろしければ返答をお願い致します。

    • エディット太郎様

      正確にはその時の状況になってみないとわからない、と前置きをした上で回答します。
      無配だろうが、有配だろうが優良銘柄に絞って運用をします。
      そして年に5~6%売却をしてそのお金を使うでしょう。
      投資で億という金額を作れる人間ならそのくらいの資金コントロールは可能だと思いますし、億を目指すなら資金管理はできるようにならないと思います。

      ただ、自分はまったく社会と接点を無くすのは嫌なので、なにがしら労働をします。
      そのため不動産収入&太陽光発電収入がなくなってもそれら関連の仕事をすると思います。

      追記
      投資を不労所得と考えない方がいいと思います。
      間違いなく労働所得の範疇でしょう。
      知識労働と言えると思えます。
      また不動産と太陽光発電も不労所得ではありません。

  • コメントを残す