2020年2月の投資 2発目はJ-REIT(3296)を買い増したよ!

和製バフェットです。

日本リート投資法人(3296)に投資をしました。

和製バフェットはアメリカ株以外にも異なるアセットを保有したいため、J-REITで不動産投資も行っております。
狙い目は一等地です。

2020年2月は毎月買い増している日本リート投資法人(3296)を買い増しました!
チャートを見ればわかる通りにコロナウィルスの影響もまったく受けておりません。


反対にホテルのリートはインバウンドに影響があるとみられめっちゃ下がってますね。
ジャパン・ホテル・リート投資法人(8985)

インヴィンシブル投資法人(8963)


配当も6.5%と5.2%なので配当マニアからすると買い場かも!?
配当マニアは外国税で30%取られるよりも20%で済むリートの方がいいと思うよ。
10%の差って積み重なるとデカいぞ。
しかも基本的に配当さえもらえればいいので売らない予定でしょ?
なら、なおさら10%の差は考慮するべきであると思うが・・・

なお、自分は今後、大型ビルも欲しいのでビルファンドにも手を出していきたい。

日本リート投資法人の分配金の推移

日本リート投資法人の分配金の推移です。




分配金は年に2回、3月と9月に支払われますので、次は1か月後に支払われますね。
米株の年4回とは違って年に2回ですが、トータルで考えれば年に4回だろうが、年に2回だろうが金額が同じならどちらでも良し、さらに税金は20%なのでこっちの方がいいんじゃないでしょうかね?
配当金マニアにはまた違うのだろうか?
230億円男のcis氏は重要なのはトータルの損益と言っているからトータルが同じなら年に2回だろうが、4回だろうがどっちでもいいと思うけど。

日本リート投資法人のマネージャーは優秀である!

http://www.nippon-reit.com/ja/finance/index.html
こちらのURLから日本リート投資法人の借入金がわかるので知的好奇心が高い方は見てください。
私もマイナス金利の時に銀行と交渉をして金利を一気に下げた経験があるのでわかりますが、ここのファンドマネージャーはおそらく同じ手法を取っていると思われます。
こっちからすると全部0.5%以下で借りてよと思うのですが、まあそれは突っ込みません。

なお、太郎やチョコさんが進めている不動産ファンドはこんな低金利で借りれない会社に投資するわけだから賢明な読者はアフィリエイトに手を出したらダメよ。

まともな会社なら金融機関がお金を貸してくれるから。

おれは銀行員と定期的に会っているからわかるけど、彼ら隙あらばお金借りてくれって言ってくるよ。
と言っても向こうはそれが仕事だから当たり前だけどね。
大規模修繕の時には借りよっかな?と思っている。

あと最近は貸出では儲からんようだから保険や投資信託や業者の紹介などが多いね。
この前は銀行の紹介で2つの業者に会ったけど、まあ大したことないな。
スピンさんも言ってたけど、実際に金を稼いだやつの話が一番タメになるよ。

投資で稼ぎたかったら投資で稼いだやつの話を聞く。
ブログで稼ぎたかったらブログで稼いだやつの話を聞く。

これが上手くいくコツだよ☆

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

コメントを残す