【戦闘力3億の道】2019年11月までの個別株のリターン

和製バフェットです。

自分は中期~長期成長株に集中&順張り投資で戦闘力を3億まで高めることを目標としており、今のところ順調に戦闘力が増えております。

現時点のポートフォリオ

現在約1.4億円を運用しており、ポートフォリオは以下の割合になっております。

定期的にリバランスして均等になるようにポートフォリオを組むのが良いとされておりますが、自分はそうは考えておらずに伸びている物を優先して投資をしていくので割合にバラツキが出ても構わないと考えております。
集中投資の中の集中投資ですね。
ただ、1銘柄が占める割合は最大でも30%~40%くらいにしておこうかなあ?とも考えております。
なお、今月は伸びているということもあり、ダナハーに投資をしようと予定しております。
割合からしても最も少ないですしね。(まあ割合は関係ないのですが。)

2019年11月までの個別株の年初来のリターン

さて、上記の2019年11月までの個別株の年初来のリターンは

MSFTVVGTSBUXMCDDHRS&P500
2019.12.82%2.33%7.99%5.81%0.68%7.56%8.00%
2019.27.74%9.90%7.33%3.65%3.48%14.51%3.20%
2019.35.28%5.45%4.06%5.81%3.30%4.07%1.94%
2019.410.73%5.28%6.37%4.49%4.04%0.32%4.04%
2019.5-4.95%-1.74%-8.88%-1.63%0.94%-0.32%-6.36%
2019.68.31%7.57%8.78%10.22%4.74%8.39%7.03%
2019.71.72%2.56%3.54%12.95%1.47%-1.69%1.43%
2019.81.51%1.73%-2.19%2.36%3.99%1.13%-1.59%
2019.90.85%-4.87%1.32%-8.43%-1.50%1.77%1.86%
2019.13.12%3.98%3.75%-4.37%-8.39%-4.58%2.15%
2019.115.95%3.33%5.59%1.53%-0.49%5.92%3.62%
2019.11まで51.26%40.73%42.94%35.13%12.17%42.09%27.50%

MSFT:51.26%
V:40.73%
VGT:42.94%
SBUX:35.13%
MCD:12.17%
DHR:42.09%
S&P500:27.50%

(2019.11までのリターン)

いやー、やっぱマイクロソフト並びハイテク強いね。ダナハーも。
「たら、れば」は禁物だけど、マイクロソフトにもっと集中させればよかったよ。
mushoku2006さんも、もし、マイクロソフト売らずに持っていれば今頃資産が3億1500万くらいあっただろうしね。(「たら、れば」は禁物だけど。)
こればかりは割り切るしかないね。
あとマクドナルドのパフォーマンスが全然冴えん。
他が上がっている中、3ヵ月連続でマイナスとか終わっとるだろ。
まだ評価額が-8%になってないから保有するけど、ルール通りに-8%になったら売ります。
おれの中でパフォーマンスが低い銘柄は要らんのよ。
一握りの銘柄って儲かる銘柄のことで、クソ銘柄は一握りの銘柄とは呼ばないからね?
ね、太郎君!?
太郎将軍の一握りの銘柄とはブログ運営で儲かる銘柄が一握りの銘柄かもしれんが、おれの中の一握りの銘柄(つーかおれ以外のほぼ全ての投資家にとっても)とはブログじゃなくて「投資」で儲かる銘柄のことを言うのだよ。

マクドナルドについて

最後に一応念のためにお伝えしておきますが、マクドナルドがクソ決算出したときに200ドルあたりで「やった!安く買える!」と飛びついた方々いると思います。

が、下がっているときは買ってはならないというのがグロース株の投資方法になります。
買う場合は上がっているときになります。
米国株ブログ村は下がっている時こそ買いだという風潮ですが、マーケット全体が下げならともかく特定の銘柄のみ下がっている場合は本当にその銘柄が本来の価値よりも割安か否かの目が必要です。
つまり財務諸表が読みこなせる、ビジネスに関する鋭い嗅覚があるという能力が必要です。
私のブログをお読みの方はご存じでしょうが、そういった能力を持っていて自分は一時的に安くなっている会社とクソになって安くなっている会社の区別がきちんとわかる!と自信をもって言える方以外は素直に順張りがいいと考えます。
私は自分がそのような目を持っていると自信を持って言えないので、次回マクドナルドを買う場合は上がっているとき&買った価格よりも高い株価(212ドル以上)で購入をします。
この辺はバリュー投資の方とは投資方法・考え方が異なると思いますが、よろしければご参考にしてくださいませ。
繰り返します。
上がっている株を買い、下がっている株は買わない、一定ラインまで下がったら売るというのがグロース投資・順張り投資の基本的な考え方になります。

まあ、マクドナルドはバリュー株ないしはグロース株の両方の側面があると考えているので、あんま気にしないでいいかもね。

ただ、10種類の中で一番組み入れ比率が低い銘柄に毎月60万円投資するという謎ルールで無限ナンピンを繰り返した結果、今やただのアフィリエイターになってしまったどこかのくそダサい投資家のように平均リターンを大きく下回りたくなかったら上記の考えは頭に入れておいた方がいいですよ。
何故なら順張り投資は歴史から見て極めて高いリターンを残してきたのですから。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

11 件のコメント

  • >>mushoku2006さんも、もし、マイクロソフト売らずに持っていれば今頃資産が3億1500万くらいあっただろうしね。

    毎日泣いています。
    ( ノД`)シクシク…

    まあ、この辺が器というものなんでしょう。
    徐々にあきらめの境地になってきました。
    (;^_^A

    • mushoku2006様

      でも、最高値で売ろうと欲張りすぎて損するよりも腹八分的な考えのほうが
      いいかもしれませんね。
      色々と投資家のコメントを読むと天井で売るのは無理と考えなさい、売った銘柄が更に上がることなんてよくあることだから
      とのことです。

      牛と熊は儲けることはできるが豚は損するだけだから欲張りすぎないほうがいいと考えよ!というような内容でした。
      まあ、難しいですよね。

  • 和製様

    以前は損切りルールについて教えていただきありがとうございました。

    さて、昨日はマーケット全体が下がっていましたが、VやMAはその2.5倍ほど下落しました。まだ下がる可能性を考えて買い急ぎませんでしたが、和製様はこういう場合を買い時だとお考えでしょうか。

    ナンピンはしないと考えていますが、こういうときはチャンスなのかも…というスケベ心に逆らうべきか従うべきか悩んでおります。

    • スプリンター様

      自分はこう考えます。
      ビザに関しては2019年10月の決算では前年同期比(2018年10月)に比べて売上&EPSは増えており、
      EPSは21.5%アップしております。
      次の決算は2020年1月にありますが、予想売上&EPSは2019年1月の決算よりも上回っています。
      (予想売上:60.8億ドル 予想EPS:1.46ドル、2019年1月決算は売上:55.1億ドル EPS:1.30ドル)

      またチャートを大局で見れば右肩上がりです。

      そして中期~長期で見ればキャッシュレスが今以上に普及をするため、ビザはまだまだ伸びると考えます。
      ゆえに下がっても一時的であると考え、長い目で見れば伸びるだろうと考えます。

      なので前回買った時よりも高値であれば買いましてもいいと思います。

      ただし、不安であるならば多少様子見をしてからでもいいかもしれませね。
      またクレジットカードに関する考えはあくまで自分の考えであり、外れる可能性も大いにありますから買う時は前回買った時よりも高値でないと買わない
      というルールを守れば大きく損をすることはないと思います。

      スケベ心は封じないといけないでしょうね。
      スケベ心で買い増しして上手くいくことも当然あると思いますが、長い目で見ればスケベ心がないほうがいいと思います。
      「豚は死ぬ運命にある」「頭と尻尾はくれてやれ」という投資に格言に素直に従ったほうがいいでしょう。

      ※豚とは欲深い人のことを言います。

      • 詳細なコメントをありがとうございます。しばらく様子を見ます。
        自分の未熟さをしばしば痛感します。。豚にならないようカリン様の下で修業します。

  • 将軍閣下

    >2019年11月までの個別株の年初来のリターン
    の部分の月ごとのリターンの表って、簡単に出せるサイト等あったりしますか・・・?
    以前なにかの記事で紹介されてるかと思い探したのですが、見つけられず・・・。

    将軍もmushoku2006さんも個別株にどーんと集中投資できるだけの精神力があってほんと尊敬です。

    • 東大バフェットさんへ

      https://www.portfoliovisualizer.com/
      になります。
      使い方は
      「ポートフォリオビジュアライザー 使い方」
      で検索すれば解説しているサイトが出てきます。

      >>将軍もmushoku2006さんも個別株にどーんと集中投資できるだけの精神力があってほんと尊敬です。
      慣れ?じゃないですかね。
      自分は5銘柄+ETFですが、mushoku2006さんはマイクロソフト1本と凄まじいと思います。
      ちなみに集中投資は色々な銘柄に手を出したくなる誘惑を抑えなければいけないのでその意味でも精神力も必要です。

      • 将軍閣下
        ポートフォリオビジュアライザー!!!
        これです!ありがとうございます!!!
        ググったりドキュメント読んだりしつついじってみます!

  • 薔薇の艦隊
    https://rosefleet.net/
    のエディだ。

    面白い。結局、相場観の違いなのだろうね。

    ①逆張り投資 

    逆張り投資は、レンジ相場で有効。
    レンジ相場を信じるがゆえに、株価が下がったところで買い増す。

    ②順張り投資 

    順張り投資は、トレンド相場で有効。
    トレンド相場を信じるがゆえに、株価が上がったところで買い増す。

    君の場合は、②だね。

    私の場合は、株価が上がったから買うとか、下がったから買うとか、
    そういうテクニカルなことよりも、ファンダメンタルズをより重視する立場だ。

    初めが肝心。
    ファンダメンタルズの良好な銘柄を買い、
    ファンダメンタルズが悪化したら、株価の上がり下がりには関係なく、売る。

    とはいえ、最終的には「野性の直感」だな。
    明文化されたルールに縛られるほうが、むしろ危険だと思っている。
    同じ後悔するなら、ルールよりも直感で後悔したい。

    このあたりは、投資手法の核心部分といえる。興味は尽きない。
    友よ、逆張りと順張りについて、さらに深堀して分析してみてくれないか?

    • エディ王子

      OK。
      また改めて記事を書くよ。

      ちなみにおれは「野生の直観」に関してはやらないなあ。
      やっぱルールに基づいてやりたい。
      ただ、ルールの変更はOKと考えている。
      最もその場の思い付きでルールを変更するのではなくきちんと熟考をしたうえでの変更であるけどね。

      • 薔薇の艦隊
        https://rosefleet.net/
        のエディだ。

        ありがとう。逆張りと順張りの記事、楽しみにしているよ。

        大事なことなのでさらにコメントする。

        「野性の直感」は、磨いてこそ真価を発揮する。

        「単なる思い付き」と混同されては困るな。

        この世は無常。
        常にあるべき姿を追求することが重要だ。
        だからこそ、PDCAを回し、判断力を磨き続けることが必須といえる。

        「野性」とは、「生きるか死ぬかのサバイバル」という意味だ。

        サバイバルの世界で、判断力を磨くことを怠り、
        一度決めたルールに自分で縛られているようでは、
        いつの日か、市場に寝首をかかれるぞ。

        君の言う通り、熟考の上で、ルールを変更するのは当然としても、
        変化のスピードの速い世界では、
        ルールを決めてから動いていたのでは遅すぎることもあるだろう。

        それに、そもそも人のやっていることを表層的に真似しても、
        内面のブラックボックスの世界までは理解していないのだから、
        表面のルールだけ真似ても、いつか負けるに決まっているではないか。

        投資の世界は「常在戦場」だ。

        そう心得るならば、絶え間なく変化する戦場で、
        適時適切に即断即決でルールを決めることのできる「己の判断力」こそ、最も頼りになるものだ。

        人の言うことをうのみにしている人間は、これができない。
        普段、自分の頭で考えていないのだから、変化に対応できず、右往左往するのみだ。

        「野性の直感」に込められた意味とはそういうことだ。

        決して「単なる思い付き」のことを指しているのではない。

        頼んだよ。

  • コメントを残す