エディ王子から援軍が届いたよ。その②

和製バフェットです。

エディ王子から援軍が届いたよ
の続編になります。

エディ王子とは誰?と思った方。
エディ王子は薔薇の艦隊を率いるフォーマルハウト王国の王子であり、我が盟友であり、互いに切磋琢磨をする間柄でございます。
また執事のドルチェは超優秀です。
なお、エディ王子と執事のドルチェはああ見えてギャル好きであります。
まったく、隅に置けないぜ!

盟友エディ王子からの追加の援軍が届きました。

S&P500の上位100銘柄で直近1年、5年間で指数をアンダーパフォーム(2019.11.22時点)している銘柄です。

これを見ると米株ブログ村でお馴染みの
ジョンソン&ジョンソン
アッヴィ
コカ・コーラ
ペプシ
フィリップモリス
アルトリアグループ
エクソンモービル
ベライゾンコミュニケーション
IBM
は手を出さない方が良さげですね。(ホルダーに喧嘩を売るつもりはない。)
これらを買うなら素直にS&P500を買った方がいいでしょう。
何故なら伸びる銘柄は伸びる傾向にありますが、伸びない銘柄は伸びない傾向があると過去のデーターから判明しておりますので、凡人は素直に伸びている銘柄を購入した方がいいというのが理由です。
引用先:【薔薇の艦隊】 米国株S&P500指数ETF【IVV】 指数アウトパフォームかつ有配銘柄 -神聖アケルナル帝国分析-

エディ王子から追加の援軍が届きました。2つめ

S&P500の上位100銘柄で直近1年、5年間で指数をアンダーパフォーム(2019.11.22時点)している銘柄ですが、今後反転が期待できそうな銘柄です。

数が少ないし、確率から言ってこれらを見つけ出せる能力を持った方は少ないと思うので、自分の投資能力に自信がある人以外は逆張りやアンダーパフォーム銘柄には手を出さない方がいいんじゃないかな?
自分を平凡な投資家と感じているならば素直に順張りがいいと自分は思います。
なお、P&G、AT&Tなんかは投資している人多いんじゃないでしょうか?
これらの銘柄は上がっているよね。

引用先:【薔薇の艦隊】 米国株S&P500指数ETF【IVV】 反転期待銘柄 -神聖アケルナル帝国分析-

考察

さて、ここから考察をしたく思います。
自分のブログをお読みの方なら既にご存知でしょうが、
自分の投資方針は

  • 伸びている銘柄を最高値~最高値近辺で購入する
  • 購入するときは前回よりも高値で購入する
  • ナンピン買いはしない
  • 優良銘柄ある限りは保有するが、保有途中にクソ銘柄になったり、銘柄ミスしたと判断したら売却をする。

という投資方針になります。
つまり、逆張り派の方とはやり方は真逆になりますので
・ジョンソン&ジョンソン
・アッヴィ
・コカ・コーラ
・ペプシ
・フィリップモリス
・アルトリアグループ
・エクソンモービル
・ベライゾンコミュニケーション
・IBM
はいくら逆張り派から優良銘柄と言われようが手を出しません。
何故ならリターンが今後も低いと考えるからです。

また今後反転が期待できそうな銘柄
Ex・・・P&G、ウォルマート、GE、サザン、オラクル
なども株価が安いうちに手を出すかと言ったら手を出しません。
手を出すとしたら業績が伸びていて株価も上がってきたのを確認してから手を出します。
これは逆張り派からすると割安時に買った方が安く買えていいのでは?と不思議に思うことでしょうが、 自分はその銘柄が本当に市場の価値から割安になっているかどうかの目を持っている自信がないからので手を出しません。
つまり安いと思ったら実際は高くて、そこから更にズルズルと下がるかもしれないということを恐れているからです。

今までのブログ村は逆張り派、バリュー株派の意見が多数でしたので、上記のことを言うと極めてまともな内容にも関わらずにボコボコにされてしまいましたが(つか普通に考えれば何もおかしなことを言っていないとわかると思うのだがw)、今はもう順張り派、グロース株派は一定数いるので荒れはしないので自分の主張は受け入れてくれることでしょう。
逆張り派もプライド抜きにして1つの考えとして受け入れてくれよ。

逆張り派、バリュー投資派に問いただしたい。

逆張り派はこの中の銘柄から本当に割安かどうかがマジでわかるのか?

さあ、教えてくれ。
どれを買えばいいんだ?
実際、わからんだろ?
わからないならわからないと素直に言うことも投資家として重要だと思うよ。
くだらないメンツやプライドのために全知全能のふりなんか今更せんでもいいだろ。
繰り返すが、本当に見る目があったら2019年の年初にアップルを買えと力説していないとおかしいからさ。

ちなみに、チョコさんはAppleを140ドルの時に買っていたよ。

ドゥーユアベスト

10 件のコメント

  • さすがはエディ王子!
    ご両名のお話はほんと参考になりますね

    しかしほんとにバリュー株はバリュー株のままですね
    なんでそんなブログ村の人たちはバリュー株を買いたがるんでしょうか?

    割安からの反転が好きならベンチャー企業か新興企業などのボロ株狙ったほうがいいんじゃないのか、といつも思います
    割安と低迷をごっちゃにしてる気がします

    • ぽすとちゃんへ

      多分だけど

      ・最高値で買ったら高値掴みするんじゃないか?というのが恐怖
      ・ウォーレンバフェットがバリュー投資家だからバリュー株
      ・ブログ村がみんなバリュー株やってるからバリュー株に安心感を抱く
      ・自分は選ばれた特殊な人間だと勘違いしている
      ・本当にその銘柄が割安かどうか見る目があると思っている

      あたりかなあ?
      まあ、投資は自分のお金でやるから好きにすればいいんちゃうか?
      ただ、バリュー株は儲かってないということに目をそらしてはいかんと思う。

  • 和製殿

    私はスーパーサイヤ人にもなれない凡人と自覚してますので、昨日MSFTをひっそりと買い足しておきました。
    AWKも伸び、戦闘力がアップし、感謝しています。
    餃子もカリン塔、登りきりました。

    • 天さん

      MSFT&AWKで戦闘力アップおめでとうございます。
      自分もMSFT&AWKで戦闘力がアップしており、来るべき対人造人間に備え、さらに修行を積んでいく次第です。

      餃子様のカリン塔克服おめでとうございます。

  • わたくしも、日本株に見切りをつけて、和製さん推奨のMSFTを一括投資しました!!

    戦闘力アップしたいです。

    • ソラ様

      MSFTの購入おめでとうございます。
      私はプレイヤーであると同時に戦闘力アップを目指すもの全ての投資家を心から応援しております。

  • はじめまして。私は半年ほど前までこの記事で挙げられている銘柄に投資してバリュー投資をしているつもりになっていました。そんな時に和製バフェットさんのブログを読んで方針を変えることを決断。停滞するタバコ株に見切りをつけてロスカット、上がり続けているMSFTとAAPLに入れ替えました。今ではタバコ株で出した損失はプラスに変わっています!

    サイヤ人のように戦力を上げていきたいです!

  • こんばんは、先日は回答頂きありがとうございました。
    今回のエディ王子の資料と合わせて今後の投資方針に役立たせていただきます。

    申し訳ありませんがもう2点ほど同件で質問を。損切(平均と比較して損という意味で)
    銘柄対象として考え始める期間ですが、半年くらいから最長5年くらい考えられると
    思うのですが、「もう平均より伸びないな」と判断するのはどのくらいが望ましいでしょうか?

    実は今スタバが伸び悩んでるな、と思って自分メモを見返してみると12月はVOOに
    勝ってますし、ビザなどは最近まで伸び悩んでいたのが急に今月伸びました
    (スタバも少し前に大幅に伸びた反動な気もしますが)。決算が3ヶ月に1回なので、
    最短判断は半年ほど(二ヶ月連続で微妙決算orvooに半年のうち4ヶ月以上負けとか?)
    ですが、20年くらいの投資スパンを考えると3年というのは長い気もします
    (1年でも1/20なので大概ですが)。
    私としては1年かな、となんとなく思うのですが和製さん的にはどうでしょうか。

    あとはポートフォリオの構成の問題です。私も和製さんのように「伸びている銘柄」に
    月ごとに投資していますが、例えば「マイクロソフト伸び」が続き、リバランスしようと
    してたまにvooなどを購入したら、「マイクロソフト>スタバ>voo」な時期が続いても
    マイクロソフトの比率ばかりが増え、スタバはいつ購入するの?しなかったら
    ポートフォリオの1%も占めないようなよくわからない構成にいつかならないか?
    とか考えてしまうんです(というか私のポートフォリオですでにスタバは蚊帳の外に
    なりつつあります、伸びてるマイクロソフトやバランス取りのVOOばかり購入してるので)。

    このポートフォリオ構成問題は「伸びてる銘柄を買う」となると必ずついてまわる問題だと
    思いますので、よければ「平均より伸びてるけど一番ではない銘柄はいつ購入するのか問題」
    について考えをお聞かせ下さい。ポートフォリオの円が汚くなるのと気持ちの
    問題を除けば一番伸びてる銘柄を買うのが金銭効率的にはグッドだとは思うのですが。

    一番伸びてる銘柄じゃなくポートフォリオをきれいにするための銘柄を買う、というのは
    太郎10種とやってること同じでは?となりません?

    • zaq様

      ・1点目
      「もう平均より伸びないな」と判断するのですが、難しい質問です。
      ビジネスモデルやトレンドがあると思いますので一概にこうとは言えないかなと思います。
      例えばハイテクとスターバックスでは異なると考えています。
      ハイテクの寿命は短期~中期、スターバックスの寿命は長期と自分は捉えております。
      ゆえにハイテクは短期~中期で判断、スターバックスは長期で判断すればいいかな?と考えます。

      スターバックスに関してはチャートを見ればお判りですが、低迷期が数年続き、伸びる時は一気に伸びる傾向があるとわかります。
      そのため1年で見切りをつけるのではなく、なるべく長い目で見ようと考えております。(スターバックスは長期成長株と考えています。)
      そのためクソ決算を連発するなら別ですが、決算が悪くない限りスターバックスは持ち続けようと思っております。
      ただし、見立てが外れるケースも十分にあると思うのでその時はその時、自分の目がなかったと割り切ります。

      ・2点目
      ポートフォリオの構成に関してですが、伸びている銘柄を買うと言ってもやはり割合には限度があると思います。
      自分はリスクの観点からMAXでも全体の30~40%くらいまでに抑えておいた方がいいと思います。
      (これはマークミネルヴィニというグロース株の著者も述べております。)
      zaq様のポートフォリオにおいてマイクロソフトの占める割合があまりにも多くなってきたらリスクの観点からVOOやスターバックスの割合を増やすのはありだと考えます。

      例えば
      マイクロソフト 80%
      VOO 10%
      スターバックス 10%
      よりも

      マイクロソフト 40%
      VOO 40%
      スターバックス 20%
      の方が自分は安心できますね。

      この辺りは自身のリスクの観点から決めればいいのかな?と思います。

      「ポートフォリオをきれいにするために銘柄を買う、というのは太郎10種とやっていることと同じでは?となりません?」
      に関してですが、確かにそう捉えれることも可能ですが、1つの銘柄を全体の40%くらいまでに抑えるというのはリスクの観点から見てそう悪い考えではないかな?
      と思います。
      自分もマイクロソフトの割合が多く、まだまだマイクロソフトが伸びていくなら追加投資をしますが、それでも40%くらいまでに抑える予定です。

  • コメントを残す