インデックス投資の「実質」リターンは相当高い

和製バフェットです

インデックス投資の「実質」リターンは相当高い

自分ですが、個別株集中投資を経てインデックス投資をしておりますが、明確に感じたことがあります。

それはタイトル通りに

インデックス投資の「実質」リターンは相当高い

と言う事です。
理由をご説明いたします。

ます資産形成は当たり前ですが「総合力」であり投資のリターンがいくら高くても運用額や入金額が低ければ資産は増えません。

インデックス投資はリターンは平均ですが、その代わりに
・投資に使う時間はほぼ0
・不安が極少

という個別株に比べて相当なメリットがございます。

ゆえに、このことは以前からぽすとが良く言っていたのですが、上記の2点を考慮をすると、個別株に投資をして平均リターン以下は論外、多少のアウトパフォームでは釣り合わない、大きくアウトパフォームして初めて釣り合うと考えれらます。

そして大きくアウトパフォームしようとするならば
集中投資やQQQ1本などの尖ったことをやらないと達成できないでしょう。
分散投資で安全だなどとやって平均リターンをちょっと超えるくらいはインデックス投資の方が総合的には大分上だと感じる。

重複するが個別株に投資をするならば
・投資に使う時間はほぼ0
・不安が極少

というメリットを補ってあまりうるリターンを得なければ意味がないのではないか?

と自分は感じる。

当然、投資を趣味でもやっている人からすると大きなお世話だろうが、大部分の方が投資とは資産形成のため、オブラートに包まずに言うと金のため、ニートになるため、ギャルを抱きまくるためにやっているだろうからな。

・インデックス投資
・個別株投資
・高配当投資


と各々が各々の立場からメリットを言及をし、よく戦争をしているが、インデックス投資は目に見えないリターンがあり、それを加味したら実質リターンは相当高いと言える。
今後の投資議論はそれを加味したら更に面白くなるのではないか?
自分は「入金投資法」を使える投資家はインデックス投資が総合的に最大のリターンをもたらすと考えている。

今年もガンガン議論をしようじゃないか?
そして年末は全て水に流してみなで米株談義に花を咲かせワインとシャンパンをがぶ飲みし、ギャルを抱きまくろう。
2021年になったらまた戦争の開始や。
人生は死ぬまでの暇つぶしだ。
毎年これでいいだろ?

もちろん、あなたが「ブログ+秘密の10種類」の総合的なリターンでインデックス投資のリターンを超えているというのは既にバレているのでこれからはブログ+You tubeの収入で頑張ってください。
何故なら今やブロガーやYou tuberも立派な職業の一種ですし、あなたは投資家ではなく労働者なのですから。

ドゥーユアベスト

コメントを残す