【ブロガー保有数No.1銘柄】ジョンソン&ジョンソン vs ダナハー(1988-2019)

和製バフェットです。

タイトル通りジョンソン&ジョンソンとダナハーの32年間のリターンを比べてみます。
と同時に、不況時のダナハーと米株ブログ村でディフェンシブ銘柄として名高いジョンソン&ジョンソンと比較もピックアップして見ていきたく思います。
正直ジョンソン&ジョンソンは米株ブログ村で言われるほどディフェンシブでもないし、優良銘柄でもないと思っています。

ジョンソン&ジョンソンとダナハーの直近5年、10年間のリターン


直近5、10年間ともにダナハーの圧勝です。

ジョンソン&ジョンソンとダナハーの5年間のチャート

次に、ジョンソン&ジョンソンの直近5年間のチャート(リターン9.85%/年)
私の感想
「ボラティリティが荒く汚い」
「ディフェンシブじゃなくね?」

です。


次はダナハーの直近5年間のチャート(リターン19.48%/年)
私の感想
「2015~2016年初期は荒い、しかしS&P500も荒い年であったから、まあ、OK(ダナハー9.04%、S&P500は1.25%)」

「以降はきちんとした右肩上がりだからOK」

です。

チャートの形もダナハーの勝利です。

ダナハー vs ジョンソン&ジョンソン 32年間(1988-2019)のリターン

結論

ダナハーは20.68%/年
J & Jは13.92%/年

とダナハーの超圧勝です。
仮に毎月60万円投資して32年間上記のリターンで運用したとすると

ダナハー→245.9億円
J & J →42.8億円

と差し引き203.1億円の差が出ます。
6.76%の差が32年間経過すると圧倒的大差となります。

不況時

S&P500がマイナスの年である
1990年、2000年、2001年、2002年、2008年、2018年を見てみるときちんとディフェンスを発揮してると見ていいでしょう。

なお、32年間中マイナスの年は
ダナハーはマイナスの年が5年間
J & Jはマイナスの年が8年間
S&P500は6年間
となっており、J & Jよりもマイナスの年が少ないですね。
ダナハーの方がディフェンシブ性は上と見ていいでしょう。

まとめ

総合的に考えてダナハーの圧勝。
ただし、将来はわかりませんが、J&Jより期待できると考えていいと思います。
※2019年のリターンはダナハー 49.55%、J&J 16.21%と話にならん。
なお、「長期で見れば・・・」という汎用性が非常に優れた言葉はありますが、長期で見ればこそ複利効果で数%~コンマ数%差のリターンはとんでもない金額の差になりますよ。

ジョンソン&ジョンソンが人気な理由は多分みんなが投資している、連続増配が56年、格付けランキングAAA、ヘルスケアセクターで時価総額1位とかそのあたりが理由だと思うけど、はっきり言って大したことなくないか?
ぶっちゃけチャートを見るとディフェンシブだとも思わんし、リターンもしょぼい。
ゆえに、ジョンソン&ジョンソンホルダーに喧嘩を売るわけではないが、今一度ジョンソン&ジョンソンへの投資を考えてみるのは時間をかける価値があると思うよ。
ちなみにおれも過去にジョンソン&ジョンソンに投資をしていたが、リターンが低いから見切りをつけた。
ヘルスケアに投資するなら普通にリターンも上のVHTの方がいいだろ。
以前、ブロガー上位10名の保有銘柄ランキングでジョンソン&ジョンソンNo.1とのことだが、なぜこんなに人気なのかがわからん。
みんなマゾ体質なのか?

GE坊やの言うとおりにツイッターやブログで知らないおじさんが自信満々でおススメする銘柄や投資方法は聞かない。
見るべきなのはブログでなくマーケットだよ。
ブログよりもマーケットを見る、そして自分が納得する銘柄に投資をする。
そうした方が投資パフォーマンス上がると思う。

つかピッフィーさんにダナハーを教えてもらってマジでよかったよ!!!
なんかもうマイクロソフトとダナハーだけで良くねって感じ。
ちなみにマイクロソフトの1988-2019年のリターンは22.43%です。

ドゥーユアベスト

7 件のコメント

  • 和製バフェット様。
    私は米国株投資を始めて1年ほどのものですが、
    最近和製バフェット様の投資理論やブログの記事を読みとても感銘を受けました。
    今すぐバリュー株と呼ばれている銘柄を整理したい気持ちに駆られています。

    ただ一つだけ気になる事があります。
    和製バフェット様はとある記事でレバレッジETFに関して
    「一日一日の相場にメンタルがぶれて駄目であった」という旨の評価をされています。

    これは米国株界隈によく見かける「配当は心の支え」とのたまい、税金を引かれて実質的には損であり非合理的な事柄を、「メンタル的な面で効果があるから」と受け入れている連中と同義の事を言っているのでないかと思ってしまいました。

    メンタルに全く問題がなければ、レバレッジETFに突っ込む事が最適解であると考えてよろしいのでしょうか。
    もしよろしければご回答いただきたいです。

    • 初心者様

      メンタル面というよりも値動きが気になって夜間にチャートを確認してしまう
      といった感じでしょうか?
      そのせいで睡眠に支障が出てしまいました。
      第一に健康ありきなので健康を害してしまっては元も子もありません。

      メンタルに問題がないというか、夜間に値動きが気にならないというのであればレバレッジETFに突っ込むのはいいと思いますよ。
      ただし、チャートを見てもらえばわかる通り下げもものすごい勢いで下がりますので突っ込むなら少額程度にしておいた方がいいと思います。

      「私は沢山の人がお酒とレバレッジのせいで奈落の底に落ちるのを見てきた。」
      これはウォーレンバフェットの言葉です。
      念のために頭に入れておいた方がいいでしょう。

  • 自分のDHRちゃんも着実に利益を
    出して頂いています(o^∀^o)
    ピッフィーさんに感謝の気持ちを込めて
    Tシャツ買おうかな(笑)

    • ☆りゅ~☆様

      ダナハー良いっすよね。
      東大バフェットさんもお気に入りのようです。
      ピッフィーTシャツ買ってあげてくださいなw

  • .∧_∧  
    ( ゚ω゚ )   俺みたいに資産が少ないうちはMSFTとかVに集中投資の方が良いかと思うわ!
     (⊃⌒*⌒⊂)  和製大将の様に富裕層ならからVOOの一本でも良いかな!!ETFは面白くないけどね…
      /_ノωヽ_)  JNJは大富豪向けの銘柄だと思うわ・・・

    • /)`・ω・´) バルトハウザー大佐殿

      その通りよ。
      資産形成期は集中投資が一番。
      クソ株掴んだらその時はその時と割り切って売ればいいしね。

  • 訂正
    .∧_∧   富裕層ならから→富裕層ならwww
    ( ゚ω゚ )  
     (⊃⌒*⌒⊂)
      /_ノωヽ_)

  • ☆りゅ~☆ にコメントする コメントをキャンセル