カネは増やし過ぎるのも考え物である。

和製バフェットです。

皆様にご質問です。
何のために投資をしていますか?
知的好奇心のため、お金のため、勉強のためなど色々な回答があると思いますが、全ての投資家は

「資産形成のため」

でしょう。
いやオブラートに包まずにストレートに言うと

「カネのため」

でしょう。

なぜなら我々が生きている「資本主義社会」とは、言ってみれば「世の中カネがほぼ全て」を上品な表現で巧妙に言い換えただけの言葉ですからこれを否定する人は今更いないでしょう。

今回その「カネ」について自分のご意見を述べたく思います。

自分ですが、既に金融資産は1.5億を超えており、今後も今までと同じように「株式資産+人的資産」の両輪でやっていく予定であるため、インデックス投資で堅実に運用をしていけば目標とする3億は達成して、その後も時間とともに超富裕層であります5億に到達するのでは?となんとなくイメージができます。
(もちろん、まだ未達成であるため、達成するまでは油断禁物なのは言うまでもありません。)

しかし、自分の人生においてそんなに大金が必要なのか?
と自問自答をすると、いや別にそこまで要らんよな・・・と言うのが素直な心でありますし、大概の人もそうでしょう。

ぶっちゃけた話、不快でない生活&そこそこ快適な生活&ある程度自由な時間が確保できれば、あとはそう変わらないと思いますし、自分の性格上、大金があると知らず知らずのうちにお金に影響を受けてしまい、人間として嫌な奴になってしまう可能性がございます。
カネはいい意味でも悪い意味でも物理面&心理面にパワーを与えるからです。
(特に男性はその傾向があると思います。)

それらを統合して考えると3億を達成したら、あとは5億を目指すが、そっからさきは「あえて」増やさない方がよくね?
と思うのです。

※5億を目指す理由は超富裕層のステージに到達してみたいというのが理由です。

(野村総合研究所より引用)

功成り名を遂げた投資家は皆、5億を楽勝に超え、50億とか、100億とか、1兆とか凄まじい大金を得ていますが、おそらくスコア感覚でやっているだけなんじゃないかな?
と思いますし、自分はスコア感覚で投資をやるつもりはなく、明確にカネのためにやっているのでそう考えます。

皆様はいかがでしょうか?
株式投資の話の中心はリターンになりがちですが、定期的に投資をやる目的は何か?そして自分にとって幸せな金額はいくらくらいなのか?
それ以上金額を得た場合はどうなるのか?
を考えてみることも資産形成には必要なことだと思います。

ドゥーユアベスト

コメントを残す