スターバックスとマクドナルドの株価急落について、損切りか?

和製バフェットです。

以下のご質問をいただいておりますし、いい機会なので今回のスターバックスとマクドナルドの株価急落を用いて和製バフェットの投資戦略と資金管理についてご説明します。

和製バフェットの投資戦略はグロース株投資です

さて、皆様は既にご存知だと思いますが、改めてご説明いたします。
和製バフェットの投資戦略はグロース投資で順張りになります。

(ちなみに、米国株ブログ村では何故か?バリューが流行でバリューこそが正義という風潮があります。多分太郎の影響。)

なぜ、グロース投資で順張りかというと単純にそっちの方が資産が増やせると思っているからです。
またこれに関しては米国株ブログ村の天才投資家ピッフィーさんが私の投資方法をウィリアムオニール流であると分析してくれています。
流石、ピッフィーさん読みが鋭い。
ただ、全部が全部ウィリアムオニール流かと言うとそうではありませんが、大部分を参考にしているのは事実です。

スターバックスとマクドナルドは売るのか?

ユニオン太郎様、zaq様のご質問にある通りどのような対応をするのか?について回答いたします。

わかりやすいように和製バフェットが最近、成長株投資に目覚め、成長株としてスターバックスとマクドナルドに目をつけて、スターバックスとマクドナルドに投資をし、ともに最高値(スタバは99.11ドル、マクドは221.15ドル)で購入したとしましょう。

まずはスターバックスとマクドナルドの最高値をつけた日とマーケットの株価を比較してみます。
(マーケットはNYダウかS&P500のどちらでもいいと思います。和製バフェットはNYダウで比較をします。文句言わないでね(;´Д`))


さて、これを見るとスターバックスは−8.84%と損切りラインの⁻8%を超えております。(マーケットに問題ないことも同時に確かめてください。)
マクドナルドは⁻5.19%と損切りラインの⁻8%に達していないのでホールドで大丈夫です。
そのためスターバックスは損切りでマクドナルドはホールドします。
ただし、このままマーケットに変化がないにも関わらずにマクドナルドがずるずると下がっていき、株価が購入時から⁻8%になったら売ります。

理由をご説明いたします。
前回の記事で和製バフェットはバリュー投資家はビジネス全般に関する鋭い嗅覚が必要であると書きました。
バリュー投資思考の方は今回のマクドナルドやスターバックスの株価下落は買いだと思っている方は多いと思います。実際に買いかもしれませんし、買いでないかもしれません。
これに関しては相当なビジネスセンスがある方でないと自信を持って買いだ!と言えないのではないでしょうか?

何故かというとバリュー投資は、株価がその企業の内在価値に比べて割安かどうかを見極める確かな目があることが必要だからです。
つまり、バリュー投資家はよいビジネスを選定できる目、ビジネスに関する鋭い嗅覚が必要であり、ストレートに言うと実際に自分で商売をやったり、会社を経営したことがあるような人が有利で、そのような経験がない人は自分自身が本当にビジネスに関する能力をお持ちなのだろうか?と自問自答をしてみるべきであると思います。
自信を持ってYesと言える方ならいいでしょうが、半信半疑だったり自信がなければバリュー投資はしない方がいいのでは?と思います。

詳しくは広瀬隆雄氏の
「世界一わかりやすい米国株式投資の技法」

をお読みください。

ではスターバックスとマクドナルドの話に戻ります。
現在、スターバックスとマクドナルドは最高値の時に比べて株価が落ちております。
これが一時的な下落なのか?それとも企業に問題があっての下落なのか?
私はそれを見極める目を持っていると自信を持って言えませんので、ルールに従い、スターバックは売却、マクドナルドはまだ⁻8%になっていないのでホールドをします。
(注意:ともに最高値で買ったと仮定した場合ですよ。和製バフェットはもっと株価が安い時に購入しているので+になっているのでまだホールドです。)

今後のスターバックスとマクドナルドの購入の仕方

和製バフェットはスターバックスを最後に買った価格は96ドル台、マクドナルドを最後に買った価格は212ドル台なので、今後スターバックスを買うときは96ドル以上、マクドナルドを買うときは212ドル以上となります。
(注意:マーケットに問題がなければです。)
何故かといいますと、和製バフェットは自分自身にそれほどビジネスセンスがあるとは思っておらず、本当にその会社が内在価値に比べて安いかどうかの自信がないからです。ゆえに誰が見てもわかりやすい「株価」という観点に着目をし、買った時よりも高値ということは企業が成長していると考え、自分の判断は現在のところ正しかったと考え投資をしていく次第です。
これはバリュー投資家とグロース投資家の買い方の違いなのではないでしょうか?
しかし、失礼ながら米国株ブログ村のブロガーの方は自信満々にバリュー株が正しいと言われる方が多い印象ですが、私からみて米国株ブログ村でビジネスセンスがあると思われる方はバフェット太郎さんとチョコさんでそれ以外の方は平凡であると思っております。
本当に自分自身にビジネスセンスがあると自信を持って言えるのでしょうか?
おそらく相当数の方が自身がない、自分は普通だと言うのではないのでしょうか?
全てのブロガーの記事を読んでないですし、あなたはビジネスセンスがないと言われてイラっとした方に対しては失礼な表現になるのでこれは謝ります。
しかしビジネスマンとしての能力と投資家としての能力は異なるものだと考えて問題ないでしょう。
ロバートキヨサキのESBIから考えれば容易にわかると思います。

和製バフェットは上記理由からやはりグロース株投資またはインデックス投資を推奨したい。

バリュー投資、グロース投資、インデックス投資
それぞれ一長一短ありますが、やはりきちんと勉強した方であればバリュー投資は難しいのではないか?と思われると思います。
理由は本当にその株価が企業の内在価値に比べて安いかどうかを見極める能力が必要だからです。
またバランスシートや損益計算書を自由自在に読みこなす能力も必要であります。
和製バフェットは不動産経営者の立場でありますし、簿記3級程度の知識はあり、銀行員と対等に話せますし、定期的に会計士に会って決算の説明を受けておりますのでその辺のサラリーマンよりはるかに会計の知識はあると自信を持って言えますが、未だにわからないことが多いのは事実。
そのためバリュー投資を行う方は類まれなるビジネスセンスに加え、財務三表をきちんと読みこなせる能力が自分自身にあるかどうかを自問したうえで行われるのがいいんじゃないかと思います。

今、話題のタバコ株なんかはまさにバリュー投資家として企業の内在価値に比べて本当に割安なのかどうかを見極める能力が問われると思います。大きなお世話になると思いますが、大事なことだと思うので繰り返し伝えますが、自身に企業の内在価値を本当に見極める能力がなければタバコ株はやめておいた方がいいと思われます。

そうじゃない方はやはりグロース株投資かインデックス投資がいいんでない?と和製バフェットは考えております。

グロース株投資に興味を持たれた方は
「オニールの成長株発掘法」

を読んでみてください。
和製バフェットはオニールを相当参考にしているし、資金管理についてはその通りに行っておりますよ。

また昨日バリュー株としてコカ・コーラ、P&G、マクドナルドはいいと書きました。
あれ?マクドナルドってバリュー株ではないのか?と思われた方いると思いますが、マクドナルドはバリュー株でもグロース株でもどちらでも言えると思います。
和製バフェットはマクドナルドのことをグロース株扱いしているので今回このような記事にしました。
そのため、バリューの観点から見ると今回のマクドナルドの株価下落は買いという判断で大丈夫だと思います。
ただ、このままさらにズルズルと下がる可能性もありますので、バリュー投資家の方はその可能性も受け入れる覚悟の上で投資をするのは言うまでもありませんが。

最後に一応念のために伝えておきますが、これは投資家の視点から見た記事であり、ブロガーから見た視点ではありません。ゆえにあなたがブログをビジネスでやっており、例えばあなたのブログ収入が月収200万あって毎月60万円投資できるならば別ですよ。
何故ならあなたは投資家ではなく優秀なビジネスブロガーなのですから。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

10 件のコメント

  • スターバックスは損切りされるのですね
    創出されたキャッシュは残りのポートフォリオに比例配分されるのでしょうか?
    今回のはグロース株からバリュー株への揺り戻しに加え、ウェンディーズの朝食参入で外食株が大打撃でしたね。
    マクドもスターバックスもどちらかというとディフェンシブな銘柄ですが同じ外食にいたのが痛かったです

    • ユニオン太郎様

      いや私はまだ含み益が十分に残っているのでスターバックスは売却しませんよ。
      ただ、このままズルズルと株価が下がっていって合計投資金額からマイナス8%になったら損切りをし一旦様子見という形になります。
      (もちろんマーケットが平常であればです。)

      また売却後の資金ですが、いつくかのパターンに分けられます。

      1.伸びている銘柄に投資する
      2.ETFであるVGTに投資をする
      3.他にチェックリストに入っている銘柄に投資する(和製バフェットはP&G、コカ・コーラ、ペプシ、アップルをチェックしています。)
      4.S&P500に投資する。
      5.キャッシュで持つ

      といった形です。
      どの形になるかはその時になってみないとわからないので現時点では何とも言えません。
      まあ強いて言うならば、4.S&P500に投資するが最も適切な解といったところでしょうか。

      • すみません。
        客観的にトレンドを判断するなら自分の買値での損益は関係なく、「高値から◯%下落したら」ってなりません?

        • みみ55様

          それもありだと思います。
          自分は投資した合計額が評価からマイナス8%になったら損切りするというやり方を用います。
          これに関しては明確なルールがないのでご自身で決められるのがいいかなと思われます。
          わかりやすく一律10%とかです。

  • 薔薇の艦隊
    https://rosefleet.net/
    のエディだ。

    売りが最も難しい。

    企業体質、置かれた市況、今後の展望、等々、
    総合的に判断しなければ売りの判断はできない。

    よって、一律に何%なら損切り、
    といったルールを設けることを、私はしない。

    最後は「野性の直感」に頼るほかあるまい。

    危険を察知する天性の能力の事だ。

    「のり君」老師を覚えていよう。

    君をいまだに忌み嫌っているようだ。

    それなりに、老師のお気持ちは理解できる。

    だが、君は君なりに、なにかに気づき、
    路線転換を図ろうと努力している。

    だから、私は君のよき友で在り続けよう。

    で、その「のり君」老師のことだが、
    株の世界を長年生き抜いてこられた凄みがある。

    単なるエロじじいと見くびったら大間違いだ。

    老師には、「野性の直感」がある。
    ときどき勘違いすることもあるがな。

    AI自動売買時代に勝つためには、
    生身の人間の持つ、そういった能力を活用することが必要不可欠だ。

    会計学や金融工学を超越した、
    「超ムーの世界」に通じるものがある。

    そのためには、やはり修羅場を潜り抜けなければならない。

    誰かの真似をし、損したら文句を言っているうちは、
    真の投資家にはなれない。

    自分への戒めとしている。

    今回の一連の株価下落についてだが、私は、動かない。

    以上だ。

    • エディ王子

      アドバイスありがとう。
      「のり君」老師の日記を読んでみることにするよ。

      追記
      ローズ妃といつまでも仲良くね。

  • お答えいただきありがとうございます。
    今回の下落の原因は分かりましたが、それだけにビザが今後も下落、または停滞するとは
    思えないんですよね。タバコの場合は世界的に減煙傾向にあるのが多分愛煙家にも客観的に
    分かるはずです。

    ビザやマスターカードが今後数年で他のキャッシュレスに抜かれるかというと・・・
    マクドナルドなんかも別にマクドナルド自体には問題ないですし。ただビザの場合は
    大企業が今回の新しいサービスを選ぶと、個人が「ペイペイより昔ながらのカードだ」と
    思うかどうかという問題ではなく、「ウィーペイの方がスムーズだ」と「企業が流れを決める」
    ことになりそうですかね。ウィーペイシステムは個人にも関係するのでしょうか?

    私も購入時からはマイナス2%程度なのでいずれにせよ売らなくて済みそうです(ただ今日も
    全部ジリ下げですね、ETFは微増なのに)。理想は「高値からマイナス8%、ただし購入時的には
    利益があるうちに撤退」でしょうが、現実は違いますからね。

    しかし私は日本株でも経験ありますが、マイナス8%になる株って数ヶ月前まではイケイケでも
    その後観察するとズルズル落ちるんですよね。ビザがそんなクソダサ株になるとは想像しにくいですが、
    私のポートフォリオは和製さんのほぼコピーなため今後の展開にも続報いただけると助かります。

    いつも親切に解説していただき感謝しています。

    • zaq様

      コメントありがとうございます。
      個別株に関してはやはりこの企業なら安心だみたいに言われていた企業も淘汰されていっていますので、
      今は優秀だけど将来はどうなるかわからないという前提の方がいいでしょうね。
      ビザ、マスターカード、マクドナルド然り

      ウィーペイに関してはどうなのでしょうか?
      自分には正直よくわからないです。
      今回下がった理由はJPモルガンが即日決済に参入するという理由で下がったとのことです。
      https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HPV_Q9A910C1000000/

      何にせよ似たようなポートフォリオなので喜びも悲しみも共有ってところでしょうか?
      喜びにつながれるよう精進したいところです。

    • Cy27様

      スタバは60ドル、70ドル台で買ってますよ。
      正確な購入価格は書きませんので了承くださいませ。

  • コメントを残す