2019年9月の投資 2発目はJ-REITに投資をしました。

和製バフェットです。

和製バフェットはアメリカ株式投資以外にもJ-REITを通じて不動産投資を行っております。
今後リスク資産の割合を株式75%:不動産25%にしていく計画です。

今月は前月と同じで日本リート投資法人(3296)へ投資をしました。

分配金利回りも4.18%(2019.9.11時点)あるので、インカムゲイン好きの人にもいいと思います。
何より税金が20%とアメリカ株に比べて安いですからね。
また毎年もらえる分配金も増えているのでいいと思いますよ。
サイトから調べれるのでご興味ある方お調べくださいませ。

不動産投資のリスク

和製バフェットは不動産投資も行っており、不動産投資に関しては米国株ブログ村ではNo.1ではないかと自負しております。(自惚れすいません(*´Д`))
ところで、投資に関して一定の知識のある皆様なら不動産投資はそうそう簡単ではないということはご存知のことでしょう。
何故なら不動産は買った後もやることが多いからです。
それゆえ230億円稼いだcis氏は不動産投資は罰ゲームであると言っていますね。
また、今の人口減少時代に不動産を買ったらあとは寝ていても金が入ってくるという考えのアホは間違いなく死にます。
実際に2018年に話題になったかぼちゃの馬車に投資をした不動産投資は和製バフェットから見るとくそダサい不動産投資家そのものと目に映りました。

さて、不動産のリスクとは何かというと

  • 空室リスク
  • 建物の維持管理にお金がかかる
  • 建物の維持管理に時間がかかる
  • 一定の経営能力が必要
  • クソ物件をつかんだらその時点で終了

といったところでしょうか?
従いまして今後不動産投資を考えている人はきちんと勉強したうえで不動産投資を行うことをお勧めします。
また、不動産投資は株式投資と違い様々な人と関わりますし、投資としては「人間臭さ」があるため向いている人にはいいと思いますし、株式投資ではインサイダー取引は犯罪ですが、不動産投資は株式投資で言うインサイダー取引が可能で、表に出ない良質な物件を購入することができます。
和製バフェットはそれを上手に利用して幾つかの物件を格安で購入し、資産を作りました。
つっても運とタイミングが良かったのは事実なので再び同じパフォーマンスを出せたかと言うと難しいことでしょう。

J-RIETのススメ

不動産投資をしたいが、そういった手間暇やリスクは嫌だという方もおられるかと思います。
また不動産はロケーションが非常に大事であり、儲かるか儲からないかはある意味ロケーション次第と言っても過言ではありません。
そのため、J-REITがいいと思います。
今後は首都圏に人口が集中をし、地方は人口が減っていくため、首都圏中心に不動産を取得していけばまず大丈夫だと思います。
それゆえ和製バフェットは東京都心5区中心に今後も不動産投資をしていく次第です。
インカムゲイン好きな皆様も検討してみては?
でもクラウドバンクの利回り6.99%には落ちますがw
チョコさん見てたらJ-REITとクラウドバンクを比較してどっちがいいか取り上げてくださいな。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

7 件のコメント

  • 少しお聞きしたいです。
    以前、投資戦略はグロース株投資と仰っていましたが株式は今後も米国のみでいかれるのでしょうか?
    例えばですが7832バンナムHDや4661オリランド等は米国のグロース株に似た成長を続けています。
    その上で米中貿易摩擦の影響を殆ど受けていません。
    S&P500をアウトパフォームするという目標を達する場合、米中問題の影響を受けにくい米国以外の株を持つのも一つの手段だと思うのですが。

    • IZUMI様

      今後も米国のみでいきますよ。
      あれもこれもと手を出すつもりはないです。
      何故なら自分はそれほど多くのことをできる能力がないからです。
      かっちょよく言うと「選択と集中」というやつです。

      ・7832バンナムHD
      ・4661オリランド

      に関しては自分はよくわかっていないので、投資をしないです。

      なお、今後も米国のみというのは、今のところはとお伝えしておきます。
      もしかしたら3年後には違った考えになっている可能性もございます。当然そうでない可能性もありますが。

      現時点では米国株式で3億円をつくるのが目標です。
      その後のことは正直あまり考えていないです。
      そんときに考えればいいかなみたいな。

  • 和製バフェット殿、いつもブログ拝見させていただいております。
    私もJ-REIT、特に都心部にポートフォリオを持つリートなどはインカム狙いで保有しております。
    株式に関しては集中投資で大きくキャピタルゲインを狙いつつ、脇をインカムの要素の強い不動産系(現物不動産はまた微妙に違うかもしれませんが、一般的な考えとして)という感じで資産を振り分けているという考えは非常に参考になりますし、私も試行錯誤しながら実践中です。
    現物不動産となると私も慎重に検討中ですが今は価格も上がってきて東京近郊でせいぜい7~8%ぐらいが関の山でしょうが、和製バフェット殿の保有する物件(リーマンショック時にかなり安く購入できたとのことですが)もやはり東京近郊でしょうか?

    • ポーランド王国様

      自分が取得した不動産の場所に関しては秘密ということでお願いいたします。
      ある程度匿名をもってやりたくて。

  • 株なら少々クソ株掴んで損しても
    クソダサいくらいで済みますけど
    不動産はレバレッジ&業者が基本インサイダーという前提があるからクソダサいでは終わらないのが厳しいですね
    もちろんその分当たればデカイですけど
    相当勉強されたんですね
    こう見るとREITはやっぱり画期的ですね

    • Tak様

      リーマンショック後に不動産を買った方を何名か知っていますが、タイミングが味方して
      みな実力以上のパフォーマンスが出せていました。
      ある人は約9億相当の物件を約5億で買っていた人もいましたね。

      REITはいいと思います。
      手軽に不動産投資ができるし、首都圏中心のREITを選んでいけばそうそう大崩れしないと思いますよ。
      最悪しくじってもレバレッジはかけていないのでダメージは少なく済みます。

  • コメントを残す