個別株は天才 or 狂人専用だろ?バイ&ホールドに拘るとマジで死ぬから。

和製バフェットです。

この連日の荒れ相場を見て、私は確信しました。

個別株は天才 or 狂人専用
であり
大多数の凡人はS&P500を中心としたインデックス投資がベスト
である。

個別株に手を出すなら最低損切りできなければ手を出さない方がいい。

と。

BAの株価


これはボーイングの株価ですが、こんなの直撃したら死ぬっしょ。
マジで。
ある方がボーイングに集中投資をしていて大損こいたとTwitterで見た。
間違いなく言えることはブログ村で正義とされているバイ&ホールドは個別株には当てはめない方がいいだろうということ。
仮に株価が回復しても耐えている途中に凄まじいストレスが襲うためほとんどの投資家は死ぬのではないか?

他にもおなじみのタバコと石油とGE







個別株の全てはこのようになる可能性があるから、私は個別株は天才と狂人の世界であり、最低でも損切りができない投資家は手を出すべきではないと確信しました。
個別株にバイ&ホールドを当てはめるのは凡人には危険すぎる。
総合的に考えて天才と狂人以外は個別株にバイ&ホールドはせん方がいいだろ。
何故ブログ村ではバイ&ホールドが正義とされているかがわからん。

あるブロガーにお前の考えは極端なんだよと指摘されたが、極端で構わん。
おれは株をやる目的は明確に金を儲けるためであり、自分のプライドを満たすためにやってはおらん。
投資をするにあたって要らん心配事は不要である。

現在はインデックス投資の本(敗者のゲーム、ウォール街のランダムウォーカー、インデックス投資は勝者のゲーム)を改めて読んでいるが、ほとんどの投資家が市場平均に勝てないとされているが、これは心・技・体の全てを含めた総合的な話であろう。
いくら理論を熟知していても必要な心・技・体が備わってないと投資で儲けることはできない。
おれは自分には個別株をやる心・技・体が揃っていると思っていたが、今回の暴落でそれは大きな勘違いだったということがはっきりとわかった。
平均リターンで満足できればそれだけで投資家の上位10%に入るからそれで満足するとする。

悪友としてGE坊やには、インデックス坊やになるのは悪くない選択であると助言をしたい。
平均リターンで満足できる心の持ちようにすれば投資家として上位10%に入るからな。

もちろん、秘密の10種類を運用しているあなたもね。
つみたてバフェットTAROとなってインデックス投資に切り替えて浮いた時間で他の仕事をして稼いだ方がトータルの資産は増えると思いますよ。
なぜなら株式投資は総合力なのですから。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

4 件のコメント

  • 羹に懲りて膾を吹く、という言葉がありますが和製さんはそれに陥っている気がします。今回の暴落でも和製さん銘柄だったマイクロソフトやビザは現時点で下落率がvooなどより軽いですし、戻りも早いでしょう。

    今回の損切りはお見事ですが、せっかく見つけた優良銘柄を「いずれ糞株になるんだ、それなら平均でいい」と否定するのはいかがなものかと思います。

    相場が落ち着いたら改めて「マイクロソフトやアップルを最高値で買っていた場合」と「vooを最高値で買っていた場合」の資産の変化をシミュレーションされるといいと思います、無論私もしますが。恐らく個別株が勝つと思います。

    「平均が戻っても戻らない」かつ「他の同業種と比べて二期連続で決算が悪い」などの指標で損切りすれば糞株掴みっぱなしにはならないでしょう。

    教えを受けた者として、理論が破綻したわけでもないのに極論に走る和製さんの現状を見てられないので長文書かせてもらいました。

    • zaq様

      2020年3月23日までのリターンは
      VOOが-28.44%
      MSFTが-12.58%
      Vが-21.70%
      なのでご指摘の通りに「羹に懲りて膾を吹く」という状態になっているのは確かだと思います。

      ただ、安心度という点ではやはり広く分散されたインデックスファンドの方が断然上と感じます。
      個別株の場合はどんな銘柄でも時と状況次第でクソ株になる可能性があるので常に見張っていなければなりません。
      またハイテクは栄枯盛衰が激しい分野と考えておりますので、バイ&ホールドに拘るのは特に危険と思っています。

      >>「平均が戻っても戻らない」かつ「他の同業種と比べて二期連続で決算が悪い」などの指標で損切りすれば糞株掴みっぱなしにはならないでしょう。
      確かにこれはその通りだと思います。
      が、色々と思うところがありまして今の自分はしばらくはそのやり方とは距離を置こうかなと考えております。

      失礼になってしまったら申し訳ないです。

      ただ、2024年くらいには個別株(グロース&集中)を再度やろうかな?と考えておりますのでその時はまたよろしくお願いいたします。

  • 産業構造が、決定的に変化したために「その銘柄の長期的な強み」が失われた結果の損切りと「単に株価が暴落したから」の損切りでは似て非なるものだと思います。
    ブログ村で叩かれてるのは前者ですね。
    後者については叩かれてる印象ないです。

    • 前者と後者が逆でしたね。
      ブログ村で損切りしてる人達は、大抵自分のリスク許容度を超えた投資をしていたからだったりする気がします。
      他にも「もっと下がるから今のうちに売って後で買い戻す」とかもありますね。

  • コメントを残す