【宝の山】保有銘柄のチャートの感想その①

和製バフェットです。

人間の性格が一人ひとり異なるように持ち株は全て異なったチャートを描きます。
ウィリアム・オニールによると株式市場のチャートは時代に関わらず幾度も同じような特定のチャートのパターンがあるという。
それは人間の本質が昔から変わらないからであり、ゆえに株式市場の歴史も繰り返され 過去のチャートパターンを数多く知識として蓄え認識する技術を磨くことで未来の株式市場でより大きな利益を得られると 。
そして、チャートというのは宝の山であるが、多くの投資家はチャートの分析をしないという。
ゆえに、きちんと時間をかけてチャート分析をし、チャートを適切に解釈する方法を見に付けた投資家は一財産築いているという。

和製バフェットもその教えに従い投資している銘柄のチャートをきちんとフォローをしており、色々な会社のチャートのパターンを見ております。
本当に株式のチャートは人間の性格と同じで各会社、十人十色です。
今回は持ち銘柄のチャートの感想を書いてみます。
なお、チャート分析の期間はとりあえず5年間とします。

マイクロソフト

第一弾は我がポートフォリオのエースでありますおれのマイクロソフトです。



非の打ち所がないがないめちゃくちゃ綺麗な右肩あがりのチャートですね。
今後もマイクロソフトにはこの調子で右肩上がりを続けていただきたいものです。
マイクロソフトのサービスは今や生活必需品と同等であり、来るべき第4次産業革命&5G時代においてなくてはならない会社と考えているため、なるべく長く保有していきたいと考えております。
自分も仕事でお世話になっており、マイクロソフトのサービスがなければ収入減が途絶えてしまいますw
しかしハイテクなので保有目安は2020年前半~2030年くらいかな?と考えております。
理由は名もなき企業があっという間に急成長をしてマイクロソフトを飲み込む可能性があると考えているからです。
ただ、マイクロソフトが天下を取り続けるならばずっと保有し続けます。

ビザ

第二弾はビザです。



マイクロソフトに比べたら多少は汚いと感じますが、これも綺麗な右肩上がりになっていますね。
マイクロソフトと同様に今やクレジットカードはなくてはならない生活必需品と同等であり、今後は更なるキャッシュレス化の世界に向けて成長してくれると考えております。
マイクロソフトと同じくビザのサービスにも日々お世話になっております。
クレジットカードがないと生活が超不便になってしまいます。
しかし、マイクロソフトと同等にハイテクセクターであるため、クレジットカードに変わる決済が登場しないとも言えないので現時点では保有目安は2020年前半~2030年くらいかな?と考えております。
ただ、こちらもマイクロソフトと同じくクレジットカードの天下が続くのであれば保有し続けます。

GE(番外編)

行方不明になっていたが、いつの間にか戻ってきたやつによると2019年初来のGEのリターンは53.37%とのこと。
S&P500、BF太郎10種、マイクロソフト、ビザをはるかに上回るとのこと。
そして天使が現れて買えと命じられて当初は断っていたが、結局根負けして、曰く買値が重要とのことでGEを買い増ししたとのことだ。
さて、そのGEのチャートを見てみましょう。



これは・・・
まさにGE帝国と呼ぶにふさわしいチャートですな・・・
私は右肩上がりのチャートを好むのですが、人の好みはチャートと同じく千差万別。
こういった特殊なチャートが好きな者がいてもおかしくはないでしょう。

さて、GE帝国の帝王によると下の緑の〇印で買えれば53.37%と有名な年利44%というソフトバンクグループを上回るリターンが見込めるとのことらしいが、おれからすると超上級テクニックの持ち主でないと無理だと思うのだが・・・
GE坊や君、どうだろうか?
君はGEの最も底値の株価を当てることができるのかね?



私から見るに、君は自分の資金が目の前で溶けていくのを見て快感を覚える特殊な性癖の持ち主なのだろう。
GEの株価が下がれば下がるほど君はこうなるのだろ?

私には到底理解できないステージにいる人間のようだ。

まとめ

マイクロソフトとビザのチャートは右肩上がりで素晴らしい!
GEはくそダサいチャート!(しかし一部のマニアは除く)
皆様も投資している銘柄、投資しようとしている銘柄のチャートを見て分析をしてみてくださいませ。
きっと新しい発見があると思います。
次回はダナハー、スターバックス、マクドナルドのチャート分析をします。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

コメントを残す