大きく戦闘力を上げたいならガンガン行こうぜで!

和製バフェットです。

和製バフェットが株式投資を行う目的は何か?
それは戦闘力(資産)を高めたいからです。
これに関しては皆様も同じ気持ちであることでしょう。
まあ、ブログ収入のために投資をサブで行っているプロブロガーもいることでしょうがw

大きく戦闘力を増やしたいならガンガン行こうぜに限る

ところで、株式のことをリスク資産と呼びますが、戦闘力を大きく増やしたかったら資金の大部分を株式であるリスク資産に組み込むまなければなりません。

何故なら過去の実績から概ねS&P500は年間平均10%のリターンをもたらすとわかっております。
そのため、株式投資で戦闘力を上げるコツは、恐怖に怖気づいて逃げ出さない精神力であり、ピーター・リンチは株式投資で成功するか否かは知力でなく胆力だ!と言っております。
つまり、戦闘力を増やしたいのであればタイトルにある通りドラクエの作戦で例えるならば「ガンガン行こうぜ」 か 「いのち大事に」であるならばガンガン行こうぜを選択した方がロングスパンで見て増える戦闘力が段違いです。
自分は現金は5%程度で残りはリスク資産にぶち込んでいます。

さてここで、フィデリティ・アセット・マネージャー・ファンドの運用で優秀な成績を収めておりますボブ・ベックウィットなる人物がガンガン行こうぜといのち大事にでどのくらい差が出るのかをまとめたものを発表しております。
ケースAは債券100%、ケースBは債券50%株式50%、ケースCは株式100%
となります。
ケースAはいのち大事に、ケースBはみんながんばれ、ケースCはガンガン行こうぜと考えてください。
(ってか、みんなドラクエの作戦わかるよね?)

まとめると20年後に10,000ドルが

いのち大事にだと24,000ドル
みんながんばれだと39,197ドル
ガンガン行こうぜだと60,339ドル

に変わります。
つまり大きく戦闘力を増やしたければ資金の大部分を株式に投じる必要があると理論上でもわかったと思います。

集中投資も大きく戦闘力が増える

さて、話は変わりますが、米国株ブログ村では分散投資&配当利回りが高い企業に投資をするのが王道という考えでしょうが、和製バフェットは大きく戦闘力を増やすために集中投資を推奨しております。

大きく戦闘力を上げたいなら集中投資で!

和製バフェットのシークレットポートフォリオZ

何故なら、分散投資&配当利回りが高い企業に投資をすると手間・リスクのわりにリターンは低いだろうと思いますし、それなら初めからS&P500ないしはセクター別インデックスファンドに投資をすれば良くないか?と考えているからです。

結論

大きく戦闘力を増やしたいのならばガンガン行こうぜ&集中投資が良いでしょう。
ただし、その場合は定期的にやってくる不況や調整を乗り切る精神力が必要であるとも付け加えます。

最後に一応念のために断っておきますが、高配当再投資戦略は金持ちの道楽投資なのであなたが毎月投資できる金額が大きければ、例えば毎月60万円投資できるなら構わないでしょうが、そうでない方はどうしてもというならば全体の10~15%いかにしておいた方がいいと思いますよ。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

コメントを残す