配当目的で投資している方は優良で堅実な企業を買って毎年6%または3ヵ月に1度1.5%引き出すのはいかがでしょうか?

和製バフェットです。

相変わらず大人気の配当金

米国株ブログ村では配当金・配当金と相変わらず大人気ですが、その前に配当金をもらっても1円も得していない、むしろ税金分損しているというのは皆様すでにご存知のことでしょう。
あいまいになっている方や「えっ?マジ?」と思われた方は以下の記事をお読みください。
参考記事:配当って受け取っても1円も得してないからね?
(引用先 ロコハウスシーゲル流ロジカル投資術)

配当金をもらうたびに涙目になってしまう投資家

あるBTIに集中投資をしている投資家は1年以上前に高配当のような将来性のない銘柄に投資するよりも長期的な視野を持って成長株に投資をしなければいけないというような趣旨を言っていたにも関わらず、そして配当をもらっても1円も得しないことを知ってたにも関わらず己に潜む欲豚を制御できずに目先の高配当に飛びつき配当利回りが高いからと言う理由でBTIに集中投資をし、案の定爆損し、自らのことを目先の高配当に釣られた欲豚と称し、配当金をもらうたびに耳元で
「1円も得してないからね♪」
とささやかれ本来嬉しかったはずの配当金なのに、毎回涙目になってしまっています。

株価も下がり爆損&配当金をもらうたびに涙目と身も心も憔悴しきって下のような姿になってしまいました。

そして、そのせいか?私に30万円をくれと言ってきました。
まあ、真剣にやるならキリがいい2020年になにがしら応援の意味を込めてサポートしてもいいかな?と今のところ考えております。
本人も2017、2018、2019年はウンコだったが、2020年からは変わる気がすると言っていますしね。(本当かどうかは知らんけど)
くそダサい投資家&くそダサいブロガーへ30万円の件はまたオファーしよう。

配当が目的なら毎年6%引き出すのがいい

株式投資をしている方は大概が一定の資産を作ってリタイアないしはセミリタイアを考えていることでしょう。
そのために「配当金」「配当金」と言っている方を非常に多く見かけます。
しかし、繰り返しますが、配当金はもともと自分のお金を税金分引かれて戻ってきたのにすぎないので配当金がもらえて嬉しいというのはサウナに入って体重が減って痩せたと喜んでいる情弱と変わりがありません。
そのため、配当が目的ならば、古くて成長せずに現状維持している企業の株を買うよりも、毎年利益成長が伸びていて実績が高い企業の株を買って口座から毎年6%ないしは3ヵ月に1度1.5%引き出すことを考えた方がいいでしょう。

なぜならそう考えた方が結局は長い目で見てもらえる配当金が大きくなるし、総資産も増えるからです。
特に若くてまだ投資人生が10年、20年、30年取れる方は1日でも早く配当金よりも総資産を重視した投資スタイルにしていくべきであると考えます。

計算してみます。

和製バフェットは目標とする資産は3億で年利は12%~18%です。
ゆえに和製バフェットが資産3億円を作ってその後も毎年15%のリターンをあげたと仮定します。
(突っ込みは無しで。しかしマイクロソフトのリターンは1987年-2019年までで平均24.4%のリターンを上げています。
また目標とする3億円を作ったら運用方法を変えるかもしれませんが。)

1年目:30000万円
2年目:34500万円
3年目:39675万円
4年目:45626万円
5年目:52470万円
6年目:60340万円
7年目:69392万円
8年目:79800万円
9年目:91770万円
10年目:10億5536万円
11年目:12億1367万円
12年目:13億9572万円
13年目:16億0507万円
14年目:18億4584万円
15年目:21億2271万円
16年目:24億4112万円
17年目:28億0728万円
18年目:32億2838万円
19年目:37億1263万円
20年目:42億6953万円
(※19年目から20年目は5億4000万円も資産が増えています!!!)

というような感じで増えていくので、初年度に6%引き出し、その後も毎年6%引き出して言っても増える資産のスピードは減るけど、増えていく一方です。
つーても初年度の3億円の6%だけで1800万円ですが、12で割ると150万円。
毎月150万円を個人だけの欲望で使うのは私には厳しいので誰かに何かをプレゼントするというような使い方になるでしょうね。
あとお金もありすぎると余計なトラブルになりかねないのでその辺も考慮しなければならないでしょう。

最後に一応念のために伝えておきますが、太郎将軍は古くて成長せずに現状維持している企業の株に投資をしてS&P500を超えますグッドラックと言っていますが、正直なところかなり厳しいんじゃないか?成長株組み込まないと無理じゃね?と私は考えています。
何故か米国株ブログ村ではグロース株で資産を増やすのは間違っている、くそダサい、高配当銘柄こそが真の投資家という風潮でしたが、この風潮は変わってきたでしょうし、今後も叩かれようと変えていこうと思います。
また、毎回ドゥーユアベストと決めセリフを言っているのは皆様に頑張れと言っているわけではなく、太郎将軍に向けて「せいぜい頑張れよ、プロブロガー」という意味で毎回ドゥーユアベストと決めセリフを言っているのですから、皆様どうか自分に対する激励であると勘違いなさらないようにお願いいたします。
なお、私のブログ読者の方ならもうご存知でしょうが、改めてお伝えします。
太郎将軍の本職はブロガーなので今後もそれを考慮して太郎将軍の投資を見ていけばいいと思われます。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

8 件のコメント

  • 高配当優良株って言葉をよく見るけど、
    高配当で放置されてる時点で優良株じゃありませんから!

    • ダルシム様

      米国株ブログ村では下がっていて配当利回りが高くなっているときは買いという風潮です。
      反対に上がっていて配当利回りが低い時は高値掴みするからとビビッて買う人が少ないです。
      だからみんな儲かってないんだと思います。

  • >古くて成長せずに現状維持している企業の株を買うよりも、毎年利益成長が伸びていて実績が高い企業
    今後アメリカ市場でも、今後このような企業が出続けるのでしょうか
    正直、この5年間はGAFAを筆頭にハイテク企業が好調すぎた感があります

    株価自体が暴落するような銘柄は論外ですが、株価が停滞する時代を想定するなら
    低成長・高配当銘柄に投資するのは、そこまで悪手とは言えない気もします

    ただ、タバコ株は将来性がなさすぎて論外です
    あえて言おう、クソダサであると

    • ファントム様

      世界経済が成長するにつれて多国籍企業は今後も収益を伸ばすと考えております。
      また5G時代&第4次産業革命においてはガンガン収益を伸ばす今は名もなき新興企業が登場する可能性は高いと考えてOkでしょう。
      もちろんどの企業がそうなるかはわかりませんが。

      >>株価自体が暴落するような銘柄は論外ですが、株価が停滞する時代を想定するなら
      >>低成長・高配当銘柄に投資するのは、そこまで悪手とは言えない気もします
      自分はこの役割をJ-REITに求めており、J-REITは低成長&高配当の役割を果たしてくると考えており、今後も投資をしていく次第です。

      タバコ株がくそダサいのは同意です。

  • ピィフィーからアンサーきましたね。
    ちょっと何言ってるのか分からない記事でした。
    太郎はピィフィーが大嫌いな様でトドメを刺しにいってますね。
    村が荒れてますね、日本株で

    • エディット太郎様

      ???と感じました。
      ただ、それは私が凡人で彼が天才であるからかもしれません。

  • こんばんは。今日本屋でたぱぞうさんの新刊見て来ましたが、太郎さんのやつよりよっぽど
    初心者向けかつ有意義なことが書かれてましたね。

    先日ここの太陽光発電についての記事を拝見しましたが、たぱぞうさんも太陽光発電機をお持ちだそうで。
    私のような戦闘力のものが持つには過ぎたるものですが、1000万くらいを超えた戦闘力の方なら
    考える余地がある、という感じでしょうか。和製さんが詳しく書かれていましたが、みんなで大家さん
    のような胡散臭い元本保証の記事、アフィが目立つなか、Jリートや太陽光発電など米国株以外の選択肢も
    詳しく実体験をもとに紹介していただいて大変参考になっています。

    ピッフィーさんはソフトバンクと心中でしょうから、次の決算と株価の上下で読者がつくか離れるか決まる
    でしょうね。株価が下がっても「5年後には〇〇円の入った財布が今なら〇〇円で買える」の無敵理論で
    太郎さんを超える要塞を作ってしまいましたが。

    リセッションが来るなら金、債権なども選択肢に入るでしょうがいまいち私は魅力を感じません。
    また、太郎さんが「リセッションに備えて空売りを少し入れることも選択肢」と言っていますが、
    そこらへんもいつか記事にしていただけると嬉しいです。当分はヨコヨコ相場が続きそうですがね。

    • zaq様

      太陽光発電に関しては1kwの買取価格が現在14円です。
      おそらく2020年にはさらに引き下げられると思うので、あまり旨味はないかな?
      と個人的に考えています。
      1kwの買取が32円と24円と18円でやっているのですが、やっぱ32円がいいですよ。
      やるならローン使う前提で下準備してからにしたほうがいいでしょうね。

      私の記事がご参考になっていただけたら幸いです。

      リセッションのこともまた記事にします。

  • コメントを残す