最近低迷中?ビザとマスターカードってどうなんだ?

和製バフェットです。

低迷中のビザとマスターカードについて

ぽすと隊長よりラブレター?をもらったので和製バフェットの考えを。

最近ビザとマスターカードが低迷しておりますが、和製バフェットはまだまだ保有をします。
ちょっとここ最近の動きを見てみます。

最近のビザとマスターカードの動き

10/3時点でのビザとNYダウの比較

同じく10/3時点でのマスターカードとNYダウの動き

マーケットと連動して下がっているのがわかります。
従いましてここ10日間はビザに特有の問題があったわけではなくマーケット全体に問題があったとわかります。

次にここ3か月のビザとマスターカードの動きです。
ほとんど同じです。
(なお、マスターカードの方がリターンが上です。いつも)

また、ここ3か月のビザとNYダウの比較はビザが市場に比べて-1%程度アンダーパフォームしております。


細かく見ていくと9/6~9/11に急激に落ちています。
これはJPモルガンが即日決済に参加のニュース
これが原因です。
ここで5.8%ダウンしております。
(なお、タバコ株のアルトリアグループは18.1%ダウンw)
今後、決済に他の会社が参入してきてクレジットカードが脅かされてしまうのでしょうか?

直近3年間のビザの業績

売上、営業キャッシュフロー、純利益は綺麗に右肩上がり


3年間の営業キャッシュフローマージンは15%を楽勝にクリアー


3年間の四半期EPSも同じく綺麗に右肩あがり
※2019年第4四半期の1.42ドルは予想になり10/23の決算にわかります。


文句のつけようがない。

我が盟友エディ王子からの報告

V&MAに関して以下のように報告をもらっているのでV&MAカードホルダーの皆様はご参考ください。


自分もエディ王子と同じく今後、V&MAはホルダーに利益をもたらしてくれると考えている。
ただ、やはりビジネスに絶対はないので、そうでない可能性も同時に考えていく必要があると考えている。
これに関してはエディ王子も同感で有り、ホルダーである限り、きちんと決算とチャートを負っていくべきであろう。
そしてくそダサい株の傾向が見られたらその時は見立て違いであったと自らの過ちを認めて売るべきであろう。

次の決算日とコンセンサス予想

ビザの2019年第4四半期決算は10/23
コンセンサス予想は
予想売上高:60.8億ドル
予想EPS:1.42ドル
となっているので、これを超えればサプライズ決算となり、株価が上がってくれるでしょう。

サプライズ決算となり戦闘力が上がるか?
ネガティブ決算となり戦闘力が下がるか?

はどうなるかはわかりませんが、
ここ数年は2018年第4四半期決算の売上は予想より低かったですが、それ以外は全て予想以上でしたので、今回も「確率」から言うとサプライズ決算になる「可能性の方が高い」と考えられますので、それまでどっかり待つとしましょう。

結論

・ビザは中期~長期で成長すると考えているので多少のマイナスは一時的と割りきってある程度猶予を与えたい。
見立て通り成長株であるならば下がった株価はバウンドし上向きになり有名な取っ手付きカップの形をとってくれることでしょう。
そして和製バフェットは180ドルを超えたあたりで買い増しをしていこうと思います。

(参照:オニールの成長株発掘法 P.129より)

・しかし、個別株なのできちんと四半期決算の確認、決算の確認、チャートの動きを確認し、問題ないかをチェックする。

・ビザは中期成長株と考えているのである程度の猶予は与えたい。
つまり評価額がマイナス8%になるまでは見限らない。

といったところになります。

※10/5の時点での株価は175.9ドルなので、10/2の169.8ドルから回復してきましたね。
再び上昇気流に乗ってガンガン上がってくれることを願う!!!
そうすればおれの戦闘力は神と合体したピッコロ並みまで上がることだろう。
ふふふ、太郎よ。
お前が完全体への夢はおれが打ち砕く。

ドゥーユアベスト

7 件のコメント

  • ありがとう将軍!そしてエディ王子も。
    とても参考になる…ほんとに教えてもらえるとはw

    モルガンがまた変なこと言ったのと市場下落が重なっちゃったからか
    そのふたつの要素を見分けるのがやっぱり大事だね

    でもやっぱりその2銘柄は強いなあ、
    理論的にも数字的にも…
    買いたくなっちゃうなあ
    (損切りルール守れないから絶対買わないけど!)

    • ぽすとちゃん

      どういたしまして。
      あとそのうちぽすとちゃんにもサプライズが起こるよ!

  • 今のV.MAの低迷、停滞は、彼らに限らずグロース株全般が利食いされ、割安株に資金が一時的に移ったためです。V.MAの低迷時期と同じくして、割安銘柄の株価が上昇しています。調べて頂ければわかると思いますが…
    しばらくすれば資金はまたグロース株に戻り、次回の好決算を受けて 最高値更新を目指すはずです。

  • コメントを残す