ドキュサインが急落

和製バフェットです。

ドキュサイン(DOCU)があるくそダサい投資家のハイテク無敵理論を発表後、株価が10%以上急落した。

株価急落前にくそダサい投資家によるハイテクは暴落しません、ハイテクは壮大な上げ相場に突入するという記事から、このような結果になることは十分に予見可能であった。

サプライズはない。

坊やの「買いの好機です。」に晒されたセクター、銘柄は例外なくハードラックと踊ることになる。

それが、米国株投資の揺るぎない法則だ。

今回のDOCUの下落だが、和製バフェットはまったく心配していない。

なぜなら、「いまの時期は仕方なく」、「長期で見れば」DOCUは上がるし、「ハイテクは爆上げする」からだ。

クソが!!

ドューユアベスト

4 件のコメント

  • DOCUは損切ルール適応しないんですね。意外でした。私は損切しました^^;頃合いを見て買い戻す予定です。

    • KKG様

      DOCUに関してですが1株に関しては
      購入価格:191.7ドル
      なので
      利確:249.2ドル
      損切り:172.5ドル
      は問答無用で実行いたします。

      しかし、それ以外に関しては今後まだまだ伸びるであろうと考えているためホールドします。
      なお、追加投資をする場合は買った価格よりも高値になってからになります。

  • 米国株ブログ村に登録されていませんので久しくブログを見ていませんでしたが、久しぶりにブログを拝見しました。最近また個別株投資(ハイテクグロース株)を始めた様なので元気そうで何よりです。なんと偶然に私も最近ドキュサインを購入しましたのでコメントします。私の場合、コロナショックでは下落があまりに速すぎて結局何もせずホールドしてましたが。一部のオールドエコノミーの銘柄は除いて現在株価はほぼもとに戻って、私の保有銘柄であるAPPL,MSFT,ADBE,AMD等も購入価格から50%以上上昇しています。(ちなみにJNJ,VZ,KO,MCD等は0~+10%)程度です。何がいいたいかというとやはり一時の調整局面があっても時代はハイテクなのではないでしょうか。ドキュサインのデジタル署名の技術は今後ビジネスでは必須であり一時の調整はあっても今後期待できると考えています。ちなみに7月にエッジコンピューティングの小型ハイテクFSLY(ファーストリー)も購入しました。今後の活躍を期待してます。

    • MK様

      おめでとうございます、並びにありがとうございます。

      自分もアフターコロナにおいて時代はハイテクだと思います。
      ドキュサインに関しては自分も将来性を非常に感じている会社です。
      自分でもアカウントを作って使ってみましたが使いやすいし、料金もサブスクリプション形態になっており、わかりやすくていいと思いました。
      今後、電子契約書が普及すれば同じ会社を使い続けると考えられますので最低5年はホールドをしようと思っている銘柄です。

      FSLY見ましたが、半年で5倍以上ととても上がっていますね。
      自分はFSLYに関しては詳しく知らないのですが、概要を見る限りドキュサイン同様にハイテクの時代においては必須の会社と思います。
      証拠に売上は毎年急増しておりますね。
      ドキュサインと同じように売上は増えているけど、利益は赤字というようです。
      Amazonがそうであったように今後の成長企業はガンガン成長に投資するため利益は赤字が当たり前になるのでしょうかね。

      こちらもMK様の資産運用が上手くいくようお祈りいたします。

  • コメントを残す