【みんな大好き】配当金とは強制利益確定&税金30%強制支払いなので「投資家」なら喜ぶよりキレるべきでは?【配当金】

和製バフェットです。

タイトル通りです。
配当金とは株主(オーナー)の了承なしに、会社側が勝手な判断で年に4回強制的に利益確定をし、税金を30%支払うということなので、喜ぶよりもむしろキレるべきではないでしょうか?

なお、配当金に関しては私が説明するよりも和製バフェット軍の四天王や素晴らしい方々の記事やコメントを読んだ方がいいでしょう。

配当金はいわばグミ撃ち。資産形成期は無配ファンドを長期保有してかめはめ波を撃とう!

引用先:爆アド!-投資・糖質制限・セミリタイア-

高配当株vsグロース株論争に終止符を打つ!

引用先:東大バフェットの株式ブログ 神のみぞ知る投資法

【配当金洗脳】高配当株投資は資金がいっぱいないと大して資産増えないからね

引用先:つみたて投資野郎

結論

100%高配当再投資戦略は米国株ブログ村全体を洗脳&仮想通貨やソーシャルレンディングなどのポンジスキームを進めて情弱から金を巻き上げるようなくそダサい投資家専用の投資方法である。

また配当金をもらったと言って喜んでいる投資家は改めて1円も得していないからね♪を繰り返し読んで頭に叩き込んだほうがいいでしょう。
この事実を知ってしまったため、我が盟友GEヨギは配当金をもらうたび、本来嬉しいはずが「1円も得してないからね」という声が聞こえてきて配当金をもらうたびに死にそうになっています。
BTIの配当が支払いがある時期だろうが、ブログにBTIから配当金をもらいました♪と書かれていたら1円も得してないぞとコメントしようと思います。

また経験豊富なベテラン投資家であるmushoku2006さんチンギスハンさんは自身の経験から高配当投資を避けていれば今はもっと資産が多くあったと後悔して若い方には二の足を踏んで欲しくないと言われております。

そのためどうしても、高配当戦略を組み込むならばシーゲル式に見習って全体の10~15%にしておくのがいいと思われます。
でないと金が全然増えない苦行になるからな。
また、高配当再投資戦略は金持ちの道楽投資というと事実にも関わらず何故か?怒り出す「自称」投資に詳しい投資家達もいますが、そろそろ意味不明なプライドやエゴを捨てて現実を見てほしいものです。
と言っても「自称」投資に詳しい方々たちにとって投資の定義が苦行&精神修行なら話は別ですが。

最後に一応念のために断っておきますが、あなたが毎月投資できる金額が大きければ、例えばブログ月収200万円あって毎月60万円投資できるならばポートフォリオを100%高配当銘柄にするのも構いませんよ。
何故なら毎月投資できる金額が大きければ非効率的ながらも資産は増えていきますから。

配当金は強制利確&税金30%なんで毎回このくらいキレてもいいだろう。


ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

9 件のコメント

  • よろしくお願い致します。
    和製バフェット将軍に質問です。
    例えば、三菱サラリーマン(ご存知ない場合はググって下さい。)の様な配当金でFIREリタイヤはどの様にお考えですか?
    アメリカ株配当金投資をされてる方、みな三菱サラリーマンを目指してる様です。
    彼らは資産の最大化より働かずに最低限の収入で自由を求めております。
    たぶん、資産が幾らかより年間幾らか貰えるか、と考えていて、キャピタルゲインの上下を意識する事を嫌っています。
    面倒な質問ですが、何卒宜しくお願い致します。

  • 横レス失礼します。

    既に資産をある程度形成することができて、
    自分が配当金でリタイア or セミリタイア生活を営んでいくことができる、
    と確信できれば、
    高配当銘柄 or セクターに分散投資をして、
    配当金生活をしていくのは理解できます。

    本当は、インデックス投資をしたままで、
    必要な額を適宜売却するほうが、
    資産の増加も狙えますので、
    もっと合理的だと思うんですけど、
    実際問題として、
    適宜売却、というのは、言うのは簡単ですが、実行はなかなか・・・・・・。

    ですので、
    自動的に売却したのと同様の効果がある、
    配当金生活を狙うのは、お勧めはしませんが、否定はできないと思います。

    また、高配当銘柄 or セクターは、比較的株価の変動が小さいようなので、
    リタイア or セミリタイア後に、あまり資産額の変動にドキドキしなくて済みがち、
    というのも好まれる理由でしょう。

    ただ、繰り返しになりますが、
    資産形成には、高配当銘柄 or セクターが向いているとは思えないので、
    あくまでインデックス投資で資産形成に成功した後で、
    そちらに移行することをお勧めしたいと思います。

    長文失礼しました。

    • ありがとうございます。
      完璧な回答だと思いました。
      フリーランスのようにリターンの最大化を狙うか、サラリーマンの様な安定配当を狙うか
      リスクを取った投資でも好みがわかれるのですね。またそれが面白いから皆やるのですね。
      ありがとうございました。

      • ヤムチャの立ち位置様

        mushoku2006様の言う通りで大丈夫と思います。
        ただコントロールできるならば高配当よりも優良銘柄にして毎年6%ずつ取り崩すという方が望ましいと個人的には考えます。

        また、追加をするならば外国株の場合は二十課税&為替の問題があるので
        J-REITも候補に入れていいかなと思います。
        J-REITの場合は課税が20%で円で支払われますので計画立てやすいと思われます。

        • JREITはねえ・・・・・・。

          私も2006年にリタイアした後、2008年に敗北して撤退するまで、
          相当に入れ込んだ経験があるのですが、
          正直言って、難しい金融商品だと思っています。

          人口減少の日本で不動産価格が右肩上がりになるとは思えないので、
          金利と逆相関の値動きになると思います。

          いつまでも低金利が続く、と推測するのであれば、
          当然買ってもOKですけど、
          果たしてどうか?

          金利が上がると、
          結構な幅で投資口価格が下がりますからねえ・・・・・・。
          普通の株よりも下手するとボラタイルです。

          もっとも、
          投資口価格は大きく変動しても、分配金はあまり変動しないので、
          自分の買った時点での利回りで十分満足できる、
          投資口価格の下落で資産額が減ってもOK、
          と思えるのであれば、
          一向にかまわないのですけど、
          リタイア後に資産額が急減すると、メンタル的に結構厳しいですよ。

          またまた長文失礼しました。

          • mushoku2006様

            貴重なご意見ありがとうございました。
            自分の中では全体で見れば人口は減っていくのですが、部分的に見れば増えている場所(東京都心部)は逆に価格は上がっていくと
            考えており、東京都心部を所有するJ-REITを買い増ししていっています。
            https://tochidai.info/tokyo/

            でも効率を考えると株式が一番ってところですかねえ。

  • いや、違いますよ!
    配当金として企業側が支払わなかった場合、
    企業の利益として残り、それにたいして法人税がかかります。法人税支払い分、企業価値は減少するのでは?

    • YA様

      配当金は損金扱いできませんよ。
      借入金返済の利子の間違いではないでしょうか?

  • コメントを残す