シーゲル黄金銘柄フィリップ・モリス(or タバコ株)はかつてはグロース株だっだからこそ高いリターンを叩きだしたと主張したい!

和製バフェットです。

くそダサい投資家に大人気のフィリップ・モリスですが、シーゲル教授の株式投資の未来によると1957年~2003年において年率19.75%のリターンを上げてきたとあります。
それがゆえにくそダサい投資家は時代背景を考えずに今後も同じようなリターンをもたらすだろうと考えて投資をしていると思われますが、和製バフェットは1957年~2003年は今ほどタバコの害が知られていなかったり、みなそこら中でタバコを吸っており、凄まじい収益を上げたからあれだけのリターンを上げれたと考えます。
つまり米国株ブログ村の皆様が大好きな高配当銘柄ではなく

グロース株

だったからフィリップ・モリスは高いリターンが上げれたと和製バフェットは考えます。

1985年~1991年のリターンを出してみる。

portfoliovisualizerというサイトで1985年~2019年10月までのアルトリアグループ(旧フィリップ・モリス)のリターンが出せますので、1985年~1991年のリターンを出してみます。
何故1985年~1991年かと言うとシーゲル教授の株式投資の未来には1992年~2003年4月4日のリターンは年率7.15%とあり、ちょうどそのくらいから健康被害による訴訟が相次いだとありますから1992年くらいあたりからタバコ株の健康被害が知られてきたのでしょう。

やはり予想通り年利44.17%と凄まじいリターンを上げています。
(米国株ブログ村で話題のソフトバンクグループ並みですね。)

また下記は年度別のリターンですが、すげえ( ゚Д゚)の一言ですよね。
まさに話題のソフトバンクグループ並みw

つまり、現在フィリップ・モリスやタバコ会社に投資している投資家は過去にタバコ企業は成長企業だったから高いリターンを得ることができたっていう側面を頭に入れておくべきだぜ!
何故なら昔は
喫煙者=カッコいい
そこらじゅうでタバコが吸えた、いい歳して非喫煙者はくそダサい、ほとんどの人間が喫煙者でしたが、今や
喫煙者=くそダサい、喫煙は百害あって一利なし
吸える場所が限られてる。企業は喫煙者は採用しない。
という風潮だし、この風潮は今後益々進むでしょう。

もちろんこれはまだまだ先進国だけだろうが、発展国の方の意識も進めばこのようになるのは容易に想像がつく。

なのでやっぱタバコ株に投資するってのはタバコ株投資家の怒りを買おうともくそダサい投資家御用達銘柄と言わざるをえないと考えます。
長期で見るならばなおさらね。
長期を強調される方は長期投資をされるならば、なおさらかつてのタバコ株のような成長企業に投資するべきだと考えます。
セクター別目的でタバコ株に投資しているならタバコじゃなくてコカ・コーラ、ペプシ、P&Gにしておいた方がいいんじゃないかな?
タバコ株投資家の癪にさわったらすまぬ(´Д`)
別に喧嘩を売っているわけではない。
でも、おれ本音しか言えないんだ。 許してね(´Д`)
ちなみに過去のタバコのような嗜好品に相当するものは現代ではスマホ・ネットと考えております。

なお、GEヨギは何故か?去年の10月にブリティッシュ・アメリカン・タバコのようなクソ株に投資をせずに将来性のある会社に投資をするべきであると言いながらも今年の春ごろにブリティッシュ・アメリカン・タバコに集中投資をして行方不明になってしました。

高配当株の罠を回避せよ

引用先:GEとともに生きる

最後に一応念のためにお断りしておきますが、あなたがくだらないプライドやエゴからタバコ株のくそダサさから目をそらし1円も得してないのに配当金をもらって
「配当金♡♡♡配当金♡♡♡」
「長期で見ないといけないのです(#^ω^)」
と言い大損こいても知りませんからね。
何故なら株式投資は100%自己責任ですから。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

8 件のコメント

  • 先日は回答していただきありがとうございました。
    人の振り見て、と言いますがマイクロソフトもビザも
    10年以内に同じ道を辿ってもおかしくないですからね。

    その場合の「雰囲気で」ではなく、「きちんとした計算で」損切りもしくは銘柄入れ替えをするなら、やはり和製さんのキャッシュフロー含む三箇条が満たせなかった時から要注意ということになるのでしょうか。

    moのチャート見てますと、2017年6月くらいから下降してますが、大幅に下がったあと「戻すかな?」と思うくらい、つまり下げ幅の2/3くらいは上昇してるんですよね。それを3回くらい続けて大幅下落してるわけですが。

    pmはそれもなくただただ下がってますね。
    和製さんが提唱する「マイナス8パーセント 損切り、元の値段以上になるまで買わない」をしてたら防げたことを考えると、やはりこれがベストですかねえ。

    私達が見てるのは20年後くらいの結果ですから、4.5年スパンで利確云々を論じるのではなく、20年後一番儲かる道を論じたいですね。だからといって太郎さん的な理論武装は論外ですが。

    • zaq様

      帝国は永遠に続かない。
      投資している銘柄が終わったら思い入れがあろうとドライになって売る。
      投資している銘柄に惚れてはいけない。
      と考えて今後もマイクロソフトやビザには投資をしていこうと思います。
      まあ、マイクロソフトとビザが永遠に繁栄してくれればそれにこしたことはないのですがね。

      「ナンピンしない、買うときは前回買った時よりも高値&マイナス8%損切り」
      を守ればそうそう大きな痛手を食うことはないと思います。
      もちろんマーケット全体が弱気相場の場合は除きますが。

      まあ、20年後となると一番確実なのは全世界に投資するVTが一番確実なんじゃないでしょうかね?
      でも自分はアメリカが今後も世界を制覇していくと思っていますので今後もアメリカ「多国籍」企業に投資をしていく次第です。

  • 薔薇の艦隊
    https://rosefleet.net/
    のエディだ。

    素晴らしい。面白い記事、読み応えがあった。

    君とは「自由投資同盟」のよしみがある。
    私からも盟友和製バフェットへ援軍を出そう。

    米国株S&P500指数ETF【IVV】の構成上位100銘柄のなかから、
    優れた銘柄を抽出してみたので、参考にして欲しい。

    【抽出条件】

    ①米国株S&P500指数をアウトパフォームしている銘柄
    かつ、
    ②有配銘柄

    結果は、下記の記事をご覧いただきたい。

    2019年11月25日(月)投稿記事
    【薔薇の艦隊】 米国株S&P500指数ETF【IVV】 
    指数アウトパフォームかつ有配銘柄 -神聖アケルナル帝国分析-

    https://rosefleet.net/analysis_ivv_outperform_stock_with_dividend/

    たばこ銘柄のフィリップ・モリス・インターナショナル【PM】や、
    アルトリア・グループ【MO】は、
    【IVV】構成上位100銘柄だが、抽出条件に合致しなかった。

    観念論先行でいくと、過去の結果をそのままあてはめようとする。
    それは表面的な理解(単なる猿真似)といえるだろう。

    君の姿勢が素晴らしいと感じるのは、数字を挙げて、検証を怠らないところだ。

    私も、見習いたいと思うよ。

    これからも、よろしく頼む。

    • エディ王子

      素晴らしい情報をありがと!
      これは皆に知ってもらった方がいいから使わせてもらうね!
      28.55%のうち14.68%も占めるとはハイテクが断トツだね。
      これからどうなるかはわからないが、まだまだハイテクはこれからであると考えているおれにとっては力強いデータだよ。

      ※根拠は5G時代&第4次産業革命ね。

  • はじめまして、和製バフェット先生。
    はいからと申します。現在大学四年です。

    以前は喫煙者でしたが、去年やめて投資にお金を回すことにしました。いつも先生のブログを参考にさせていただいてます!

    煙草と言えば、タイトルは忘れましたが古い洋画で、母親が仕事で疲れた息子(CIA職員だった気がする)に電話で「大丈夫? ちゃんと煙草吸ってる?」と尋ねるシーンがあったのを憶えてます。時代を感じました。

    • はいから様

      はじめまして。
      大学生と言うとさとうゆう氏と同世代になりますね。

      喫煙やめてその分投資に回すのはすごくいいことだと思います。
      経済的にも健康的にも。

      株式投資、特にグロース株投資はその時代のトレンドにあった考えで行うことが大事ですからね。
      新規上場→成長→成熟→衰退
      というサイクルを意識するのが大切だと思います。
      このサイクルにおいてタバコ株は衰退と私は認識しています。

      なお、米国株ブログ村はどちらかというと成熟株と衰退株が好きな人が多く、新規上場株と成長株に否定的な人が多い印象ですね。

  • BTIから配当金が入って喜んでいる、かぶちーずに一言コメントをお願い致します。

  • コメントを残す