2020年2月末の法人の投資はQQQに投資をしました。

和製バフェットです。

和製バフェットは法人でも証券口座を開いており、毎月末日に投資をしております。
投資方法は定期定額積立投資というやり方で相場関係なしに決まった日に一定の金額を投資していくやり方になります。
何も考えずに10年、20年スパンで投資をしていけば自然に大きな資産ができていることでしょう。

ポートフォリオを変更

さて、和製バフェットの秘密のポートフォリオを変更することにしました。

旧式ポートフォリオのVOOとVGTを50%ずつから

新型ポートフォリオとしてVOO:VGT:QQQ=50:25:25にします。

変更した理由は単純にリターンがVOO+VGTよりもVOO+VGT+QQQの方がリターン&安全度が上と考えたからです。
これで10~20年スパンで何も考えずに毎月、定期定額積立投資をしていく次第であります。
何を言われても
「今の時期は仕方ありません。」
「長期で見れば平均リターンを超えます。」
「ハイテクは復活します。」

で乗り切ります。

2020年2月はQQQに投資をしました。

今月はQQQに投資をしました。
しばらくはVOOとVGTとQQQの割合から当面はQQQばかりに投資をしていくことになりそうです。
なお、2020年2月までのそれぞれのリターンは
VOO:-8.13%
VGT:-3.76%
QQQ:-3.20%
となっており、「ハイテクは暴落してません。」と言えるでしょう。

改めてVOOとVGTとQQQの長期のリターンは

測定可能からのVOOとVGTとQQQのリターンを載せます。
今はコロナウイルスの影響で相場がすさまじい勢いで下がっておりますが、大局で見て

「今の時期は仕方ありません。」
「長期で見れば平均リターンを超えます。」
「ハイテクは復活します。」


という精神で投資をしていけばいいでしょう。

【VOOのリターン】
13.3%/年(2010.9.9~2020.2.28)

【VGTのリターン】
11.3%/年(2004.1.30~2020.2.28)

【QQQのリターン】
4.6%/年(2000.1.3~2020.2.28)

というリターンです。
なお、この間に大小さまざまな暴落があったので、暴落おじさんもこのリターンには怒らないでしょう。
ゆえに今後暴落おじさんに何を言われても

「今の時期は仕方ありません。」
「長期で見れば平均リターンを超えます。」
「ハイテクは復活します。」


の精神で10年~20年スパンで定期定額積立投資をしていけば何ら問題ないと思われます。

もちろん、暴落おじさんがおれは暴落を知っているんだとイキりたければ好きにすればいいですよ。
ただ、平常時から暴落を連呼するのは意味がわからないのでやめたほうがいいと思いますよ。
何故なら普段から暴落を言い続けていればいつか必ず当たるのですから。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

コメントを残す