集中投資は富を築き、分散投資は富を守る。

和製バフェットです。

タイトルにある
「集中投資は富を築き、分散投資は富を守る。」
そう言ったのはオマハの賢人ウォーレン・バフェットです。

それに見習いこれから個別株集中投資でポートフォリオを作っていきまずは3000万円を作ろうと思います。
今回は前回の反省を含めて精神的負担を考慮し、まずは3000万円を目標とし、その後は3000万円を達成したらまた考えます。
なお、前回は1.75億を5銘柄でやっていましたが、流石に重圧が重くコロナショックでは耐えれませんでした。

従いまして、先日「投資をする個別株の候補」という記事にて5年~10年ホールド&複数銘柄でやっていくと書きましたが、少し方向性を修正します。

5年~10年ホールドできると思われる銘柄+伸びているモノ中心に投資というやり方は変わりありませんが、銘柄数は5銘柄程度にします。
理由は自分の性格上、分散投資には向いておらず、分散投資したければ始めたらETFに投資をすればいいだろ?と思うからです。
また分散投資は証券会社が手数料を稼ぐために仕掛けた洗脳のような気がしてならないのでなるべく少数銘柄でやっていこうと思います。

現時点のポートフォリオ

会社株数株価評価額
MSFT18216.35$3,894.30
AAPL9455.61$4,100.49
AMZN23225$6,450.00
DOCU29215.68$6,254.72

になります。

まずはこの4銘柄で3,000万円を作ってやろうと思います。
ただ、精神的にちとキツイと感じたらDHRやAWKを組み入れようと思います。
自信過剰+強欲になるとアカンことはコロナショックで学びましたので。

大事なことなので繰り返します。

自信過剰+強欲になるとアカンことはコロナショックで学びましたので。

また上記4銘柄で最も伸びるであろう可能性はドキュサインと感じておりますが、ドキュサインが全体に占める割合が大きくなりすぎると精神的な負担が増すと感じますので、伸びているモノ中心に投資をすると言えども限度があるのでキツイと感じたらポートフォリオに占める割合の上限を設定します。

集中投資はハマれば一気に増える

資産を一気に増やしたい方は集中投資をしてみてはいかがでしょうか?
上手くハマれば資産が短期間で一気に増えます。
もちろんそれ相応に強い決意は必要ですし、状況次第では損切りをしなければならないケースも出てきます。
しかし、試してみる価値があると思います。
銘柄が少ない分真剣に選ぶでしょうし、緊張感を持って運用できるからです。

が、資産運用というのはあくまで人生の1部なので常にこの気持ちは忘れない方がいいでしょう。
和製バフェットのシークレットポートフォリオZ エピローグ
私がコロナショックで受けたときの気持ちです。

ドューユアベスト

コメントを残す