【戦闘力】2020年9月中旬の戦闘力

和製バフェットです。
毎度恒例の戦闘力です。

和製バフェットの戦闘力の高め方

  • 「今の時期は仕方ありません。」
  • 「長期で見れば平均リターンを超えます。」
  • 「ハイテクは暴落しません。」
  • 「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ。」
  • 「良い投資とは退屈なモノ」
  • 「ハイテクに長期投資すれば市場平均を上回る可能性は高いですが、低迷する可能性もあるので強い信念が必要です。」
  • 「伸びている銘柄に集中的に投資をしていきます。」

になります。
ではいつものやつを

「はああああああああああああああああああああああああああああ」

ちなみにスーパーサイヤ人にはなりません。
あれは身体の負担が大きいんだ。

保有銘柄

会社株数株価評価額
VOO2378312.57$743,291.46
VGT1244309.16$384,595.04
QQQ1651279.06$460,728.06
DOCU48202.02$9,696.96
MSFT65208.78$13,570.70
AAPL116115.54$13,402.64
AMZN63156.13$18,936.78
DHR41208.69$8,556.29
AWK49143.59$7,035.91


合計1,659,813.84ドル
今月はドキュサイン、ダナハー、AWKを購入しました。
今後は個別株の割合を30%まで高めていく次第です。
なお、9月上旬にハイテク銘柄が10%以上下落しましたが、DHRとAWKの下落は少なくディフェンシブを発揮してくれました。
ハイテクオンリーだけでは精神の負担が大きいのでこの2銘柄を持っていて良かったと実感しました。
ちなみに、個別株に関しては3000万円への道というカテゴリーにて別で書いていきます。

キャッシュ

6,669,772円

戦闘力

1億8158.1万

戦闘力の推移


先月末に比べて600万ほど減りましたが、まあ良しとする。
つーか先月が出来すぎたんだろう。

今年はあと残り3ヵ月半だけど、2億いけるかな???
2億到達のためにETFを減らして個別株の割合を増やそうと思ったけど、このままで良し。
今と同じやり方でやっていき年内に2億いけたら良し、いけなかったら来年以降2億を目指す。というやり方でやっていきます。

ドューユアベスト

6 件のコメント

  • この増減には毎月の入金分である300万円も含まれてるんですよね?
    12月末から8月末までだと3000万円増えてるようですが、300万×8か月=2400万は入金力でしょうか?

    • たろう様

      いや途中で1億以上ぶち込んでいます。
      毎月300万円投資は考えが変わって計画変更になりました。
      1ヵ月くらい現金で持っていたらメンタルダメージが回復したもので。

      • ご回答ありがとうございます。
        和製バフェットさんの入金力を別にした、今年のリターンを拝見したかったです。。。

  • いつも大変お世話になっております!

    以前から気になっておりましてVOO・QQQ・VGTは法人で運用されてるのでしょうか?

    不動産収入もあり毎年利益は出ているとすれば、株式を法人で運用するメリットがわかりません。もしよろしければ理由を教えて下さるとありがたいです。

    法人の最高の実効税率は33%・株式の売却税や配当税(特に和製氏の場合は取り崩しなので低配当)はいずれも法人の方が税金が高くなる可能性があると感じられます。

    • 和製バフェットマニア様

      VOO、QQQ、VGTは個人にて運用をしております。
      法人口座に関しては別に運用をしております。
      税率に関してはご指摘の通りですね。

  • コメントを残す