【戦闘力】2020年3月中旬の戦闘力

和製バフェットです。

3月前半は3月9日、3月12日とサーキットブレイカーが発動してすさまじい相場でした。
自分は3月6日に個別株を全て売り抜けており、「マジで助かった。」の一言です。

グロース株をやっている方はブログ村で主流のバイ&ホールドはせずに相場に応じて現金化する必要がありますので今回を機にウィリアムオニールのCAN-SLIMを頭に叩き込んではいかがでしょうか?



私もオニールのCAN-SLIまでは参考にしていて、Mのマーケットタイミングは取り入れてなかったのですが、Mのマーケットタイミングを取り入れていれば、もっと早い時点で売却をしており、利益はもっと多く出ておりました。

色々と考えて今後、数年はETF(VOO、VGT、QQQ)で積立投資をしていく次第ですが、次回個別株をやる時は今回の経験があるためもっと上手にできると手ごたえを感じております。
なお、個別株は明確にお金に「余裕」ができてからやります。
が、個別株に神経を使うくらいなら仕事に集中して稼ぎを多くしてその分、投資資金を増やした方が最終的なリターンが高くなるんじゃねえか?
とも思いましたのでこのまま個別株はフェードアウトをする可能性も十分にあります。

状況によりますが、仕事で稼ぎが多い人は仕事に支障が出るようなら個別株を全てやめてS&P500中心&ETFが総合的に考えて一番いいんじゃないでしょうかね。
自分は今回の大暴落で強く実感しました。

和製バフェットの戦闘力の高め方

  • 「今の時期は仕方ありません。」
  • 「長期で見れば平均リターンを超えます。」
  • 「ハイテクは暴落をしません。」
  • 「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ。」
  • 「良い投資とは退屈なもの。」

で数年間はつみたて和製バフェットで相場関係なしに定期定額積立投資をしていき戦闘力3億を目指していきます。

「はああああああああああああああああああ!!!」

保有株式

会社株数株価評価額
VGT637201.46$128,330.02
QQQ157182.14$28,595.98


合計156,926.00ドル(16,860,129円)
※個別株を全て売却したためこのようなポートフォリオになっています。
今後はVOO:VGT:QQQ=50:25:25になるように投資をしていく次第です。
でもQQQだけでも良くねえか?とも思うのでQQQオンリーでいくかもしれません。
※1ドル 107.44ドルで計算をしています。

キャッシュ

132,519,817円

戦闘力

1億4938.0万

戦闘力の推移


2019年11月の戦闘力に戻りましたわ。
なお、スーパー暴落おじさんは消耗が激しいとわかりましたので、これからは普段からスーパーサイヤ人状態を保ち、スーパーサイヤ人でいることが普通にします。
まずはスーパーサイヤ人1.5を目指し、その次はスーパーサイヤ人2を目指します。
来るべきバフェット太郎ゲームに備えてね。

太郎へ

はーはっはっはっは、太郎、お前も2000万ほど減ったようだな。
おれも2700万ほど戦闘力が減ったが、それでもまだお前は消すくらいわけないぞ。
はーはっはっはっは !!!

今は、ウォーレン神がお前の代わりにバフェット太郎軍を陣取って総力をかけてお前の救出作業をしているようだな。
バフェット太郎軍の科学技術でメカ太郎にでもなるつもりか?

最後に一応念のためにお伝えしておきますが、今まで毎日更新しておりましたが、流石に更新するのがきつくなってきましたので多少更新頻度は落とします。
しかし、今後はブログは続けていきますのでご興味のある方はご覧くださいませ。

ドゥーユアベスト

2 件のコメント

    • へたれオヤジ様

      ピッフィーさん2億3000万くらいだと思うので、1億円以上減ったことになりますね。
      ドヒャー(゜ロ゜)
      でもあまり落ち込んでいる様子は見られないので一時的な物と考えているんじゃないでしょうかね?

  • へたれオヤジ にコメントする コメントをキャンセル