【戦闘力1.75億突破】2020年2月中旬の戦闘力

和製バフェットです。

1月の後半から末にかけてはコロナウイルス問題で指数は結構下がりましたが、 もう落ち着いてきたと見てもいいのでしょうか?
ただ、ニュースを見るとまだまだ感染拡大している様子なので自身の健康含めて油断はできないといったところです。
というか目標とする戦闘力3億を達成するまでは相場関係なく気を引き締めていく次第です。

和製バフェットの戦闘力の高め方

  • マイクロソフト、ビザ、スターバックス、ダナハー、アメリカンウォーターワークスの5銘柄に集中投資&ピラミッティング投資
  • 優良銘柄である限りは保有するが、永久保有という結婚はしない。デートをする感覚で付き合う。
    金の切れ目が縁の切れ目のため、クソ銘柄となったと判断したらピチピチギャルのダナハーちゃんも遠慮なくオサラバする。
    現実の世界でもそうなので株なんてなおさら金の切れ目が縁の切れ目としないといけない。
  • 第4次産業革命&5G時代において活躍が見込める企業群の集まりのVGTとQQQに投資する
  • 一番大切なのは「お金を増やしてやる!」という心構え。←☆☆New☆☆

このやり方で戦闘力3億を目指していきます。

「はああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」






保有株式

会社株数株価評価額
マイクロソフト2347185.35$435,016.45
ビザ1121210.29$235,735.09
VGT637271.18$172,741.66
QQQ7234.64$1,642.48
スターバックス281989.28$251,680.32
ダナハー981165.95$162,796.95
AWK1693139.32$235,868.76
アトラシアン1154.42$154.42


合計1,495,636.13ドル(164,220,847円)
※2020年1月末に比べて+702.8万円となっています。
アトラシアンは利確&損切りのために1株購入。
取っ手付きアップのタイミングで購入したため、2週間ですでに+5%程度になっております。
※1ドル 109.8円で計算しています。

キャッシュ

12,453,388円

戦闘力

1億7667.4億

戦闘力の推移


戦闘力は1億7500万を突破。
暴落おじさんが長年かけて稼いだ金をおれは1か月半で超えてしまった。
今後は暴落おじさんの嫉妬による運がいいだけ、今だけ、危険なやり方という指摘があると予想されますが、こちらも暴騰するからフルインベストしろ、たらればで物を語るのは反則と言い返します。

1月末から2月中旬の株価の推移


マイクロソフトが強すぎる。
2020年は現時点で+17.53% この調子なら年利44%超えん?
暴落おじさんには年利44%というと基地外扱いされて説教されるが、実際の数値を見ろと言いたい。
大事なのは意見でなく事実だ。
QQQもAmazonの好決算でとても伸びていますね。
「GAMA」には今後もマーケットをガンガン引っ張っていっていただきたい。
ただ、マーケットを引っ張る力がなくなってきたと感じたら見限ります。
スタバもヤバいと思っていたけど盛り返してきました。このまま伸びて96ドルを超えたら買い付けをします。

vs 太郎(兄) 最終形態

これから太郎(兄)の最終形態とのバトルが控えております。
太郎(兄)は太郎よりも1回多く変身できる分戦闘力が数段上だ。
しかし、おれも2019年末の太郎戦時に比べて戦闘力が2000万上がっている。
米国株ブログ村の帝王の兄だろうが伝説のスーパーサイヤ人のパワーを見せてやるぜ!

少し長くなりますが、これから全米株村最強をかけて和製バフェット軍 VS 太郎(兄)軍の最強対最強の戦いが始まります。
休日のお楽しみとしてご覧くださいませ。

ドゥーユアベスト

コメントを残す