2020年1月のブログPV&収益

和製バフェットです。

自分は20万PV/月とアドセンス収入5万円/月を目標にブログ運営をしております。
と言ってもブログはビジネスではなく趣味で行っているため、自分の情報を100%出すかと言ったら出しませんし、出すつもりはありません。

時折、頭のおかしい人が100%情報を出せと言ってきますが、繰り返しますが、自分はバフェット太郎や他のインフルエンサーと違ってビジネスではなく趣味でやっているのでご理解ください。

お金があったらあったで不要なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
私はそういったことも排除して総合的にディフェンシブな運用をしたいので正確な取得価格や日付など特定につながるようなことは書きません。
仮に特定につながらなくても気分的に嫌なので書きません。

全世界で誰もが見れるインターネットに個人情報をさらけ出す方が異常で普通はある程度、煙に巻きますからね。

給与明細、ボーナス、買い付け価格、買い付け日、運用金額、プライベートなことなど、アップや書きたい人は好きにすればいいですが、そこまでする気がない人に強要するのはいかがなものか?
と正常な感覚を持っていたらわかるでしょ?

いい?
100%情報を出したい方は出せばいいし、そうでない方はそうする理由がないですからね。
それがブログの楽しみってものでしょう。

と言ってもブログを読めばどんな人物か、どのような投資方法かは大体わかると思うので、残りは皆様のイマジネーションにお任せします。
そっちの方が面白くていいでしょ?

2020年1月のPV数とアドセンス収入

PV数:21.8万
アドセンス収入:3.17万

です。

属性

自分のブログですが、見ている人の属性は
男性が85%、女性が15%です。
年齢は25歳~34歳&35歳~44歳が70%以上です。

地域は日本が95%以上ですが、残りは海外から見られていますね。

ブラウザはクローム&safariが80%以上
インターネットエクスプローラー&エッジが10%ですね。
マイクロソフトあんま強くねえなw

見ているデバイスは
スマホが70%
PCが25%
タブレットが5%
って感じです。
改めてスマホは現代の必需品であるとわかりますね。

累積



目標とする20万の壁はクリアーしました。
と言ってもやはりブログでは稼げませんね。
まあ、自分の適性がないだけの可能性も十分にありますが。
お金儲けが上手な人はPV10万以下でもたくさん稼ぎますしね。

収益と毎月の資産の推移を見ればわかる通りに自分はブログに力を入れるよりも投資に力を入れた方が遥かに儲かりますので、今後もブログは情報発信として利用していきたく思います。

それで結果として稼げたらいいやくらいの気持ちです。
ただ、不思議と0円ではやる気にならんですね。
最低でもサーバーとドメイン代はもらわないとやっとれんという気持ちになります。
これが資本主義と言うやつなのでしょう。
人間って誰もがお金を稼ぎたい、お金が欲しいという気持ちが自然に備わっているのでしょう。
ゆえにこれからも経済は時間とともに発展していくこということは肌感覚でわかります。

ドゥーユアベスト

2 件のコメント

  • やはり、ハイテクが世界を支配している現状、
    Alphabet、Microsoft、Appleの三社はみんなどれかは(併用ももちろん)使っているわけで、安定性と成長率がダンチだね。

    とはいえやっぱりMicrosoftのブラウザだけはほんと微妙w
    私も使いづらいし嫌いです。
    脆弱性もあり、重さもあり…
    将軍も使ってないのでは?
    近頃ではどの会社でもEdgeではなくChromeかFirefoxみたいですしね。

    できれば私はGoogleも買いたい…
    VGT(TECL)等から除外されてしまったらしいことが悔やまれます。
    Googleがはいってたらもう完璧なのにね。

    • インターネットエクスプローラーは銀行のネットバンクでやむなく使ってるよ。
      早く最新のブラウザに対応しろと思うけど。

      Microsoftはエッジはまあいいんじゃないかな?
      自分はChromeを使ってるけど。

      GAMAが世の中を支配している限りはVGT+Google買っておけば勝手にお金増えていくと思われる。

      ※年初来のリターン(2/20時点)
      VGTは11.58%
      Googleは14.19%
      VOOは5.11%

      だから難しいこと考えずにしばらくはVGT+Googleでよいと思われる。
      ただ、暴落おじさんが今はおかしいおかしいと連呼するだろうけど。。。

  • コメントを残す