【戦闘力】2019年10月中旬の戦闘力

和製バフェットです。
毎度恒例の戦闘力の推移です。

和製バフェットの戦闘力アップ方法

  • 中期~ 成長株に投資をする
  • マイクロソフト、ビザ、スターバックス、ダナハー、マクドナルド、ダナハーの5銘柄に集中投資する
  • もし見立て違いから上記5銘柄が成長株ではなく、くそダサい銘柄だった or くそダサい銘柄になったら容赦なく売却をする
  • 買い付け方法はピラミッティング投資を行い、ナンピンはしない

となります。
このやり方で戦闘力3億を目指し、完全体となったバフェット太郎を倒します。

さて、2019年10月中旬の戦闘力です。

「はああああああああああああああああああああああああ!!!」

太郎よ、チョコを吸収して第二形態になる計画だろうがそうはさせんぞ。

保有株式

会社株数株価評価額
マイクロソフト2278141.58$322,519.24
ビザ1121178.75$200,378.75
VGT615220.76$135,767.40
スターバックス281986.45$243,702.55
マクドナルド1053207.22$218,202.66
ダナハー935137.59$128,646.65
アップル1235.32$235.32

合計1,249,452.57ドル(136,002,912円)
※9月末に比較して+6,399.46ドル(69.7万)となっております。
※アップルはマイナス8%損切り、プラス20%の利確の練習のために購入しました。現在は+15%ほどになっています。このまま伸び続け+20%となったら売却をします。
※1ドル108.85円で計算しています。

キャッシュ

8,569,195円

戦闘力

1億4457.2万

戦闘力の推移

太郎よ、これからサイヤ人の本当の強さを見せてやろう。
そしてお前に滅ぼされたサイヤ人達を復活させ、お前を滅ぼす。

9月末から10月中旬の株価推移

となっております。
ハイテク銘柄の伸びが目立ちます。
このまま伸びていれば11月の投資はマイクロソフトかビザになるでしょう。
買い付ける目安の株価はマイクロソフトは140ドル以上、ビザは180ドル以上といったところでしょうか?
ただ、マイクロソフトの占める割合が25%以上になってきたため、ポートフォリオの割合を考えてビザの方を優先して投資したいかな?とも考えています。
また、スターバックスとマクドナルドが最高値から結構低下しております。
スターバックスが最高値99.11ドル、マクドナルドが最高値221.15ドルなので、万が一このままズルズルと下がっていき全体の評価額がマイナス8%になったらその時はルール通りに売却します。
10/24と10/30にある決算で株価が上がってくれることを願うまで。

なお、バフェット太郎将軍が
「老後資金2000万円を確実に作る!一生使える株の強化書」
という本を出したとのこと。
やはり予想通り「老後2000万円」というキーワードを使って人々から生体エネルギーを吸収しはじめた。
早速本屋に行って読んでお祝いをせねばならん。

今のところまだ読んでないが、とりあえずお礼のパワーボールを送ろう。
スーパーバフェット太郎になれない今のお前に受けきれるかな?

「はっはっはっは、油断したな。
おれはお前が今まで倒してきた奴とは違うと言ったろ。
米国株ブログ村ごと消えてなくなれ!
はっはっはっは、馬鹿め、よく出版したと言いたいところだが、このおれが米国株ブログ村最強だ!」

はっはっはっは、お祝いだ!食らえ太郎!


ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

9 件のコメント

  • いつも楽しく拝見させていただいております。
    自分は、31歳の年収1200万程度です。恥ずかしながら今まで散在し貯金は一切なく、去年あたりから危機感を持ち、今年6月から投資を始めました。
    VTI;個別株=6;4
    個別株(マイクロソフト:ビザ:スタバ:マック=2:2:1:1)
    で合計、500万投資しております。(現金なし(笑))
    上記比率で毎月30万積み立てしております。
    今までの成績やリスクを考慮すると、VTIの比率をもうすこし上げた方がいいのかいつもなやんでおります。(現金も少し持った方がいよいのか….)
    ただし、投資成績は年利6%程度では満足できず、欲をいえば8-10%くらいは確保したいところです。
    このままの割合でこつこつ積み立てていくのであまり問題ないでしょうか?ご意見お伺いたいところです。宜しくお願いいたします。

    • かーが様

      いつもブログを見ていただきありがとうございます。

      VTI 60%
      個別株 40%

      で年利8~10%リターンとのことですが、それならば基本的にVTIだけでいいかと思われます。
      31歳で500万円運用&毎月30万円投資できるなら40歳中盤~50歳で1億円いくのではないでしょうか?
      現金に関しては一度自身の生活費を出してみて投資金額を決めるのがよろしいかと思います。
      その上で普通預金は生活費の3ヵ月~24ヵ月を確保する。(これは状況や性格によります。)
      今後、大きなお金を使う場面が来たら躊躇なく運用金額から取り崩す。(大きなお金を使う場合は大概前もってわかる。)
      という考えがいいと思います。

      さらなるリターンを狙うならば個別株の割合を増やしていくのがいいでしょう。
      投資している銘柄がマイクロソフト、ビザ、スターバックス、マクドナルドと私とほぼ同じポートフォリオになりますね。
      私ならさらにリターンを狙うならVTIの比率を減らして個別株の割合を増やしていくという戦略を取ります。
      どういった戦略かというと

      ・4つのうちで最も伸びている銘柄に投資をする
      ・チャート&四半期決算&決算の確認を必ず行う
      ・利が伸びている間はホールドをし、くそ銘柄になった場合は売る

      といった形をとるのがいいのと思われます。
      このブログで今後上記戦略を書いていきますので、ご参考にしていただければ幸いでございます。

  • (* ̄∇ ̄)/゚・:*【祝】*:・゚\( ̄∇ ̄*)

    残念ながら、
    私は米国株から撤収する方向ですので、
    (ほぼ決定事項)
    せっかく四天王としていただいておりましたが、
    辞退させてください。

    貴殿の益々のご活躍をお祈りしております。

    • mushoku2006様

      今までお疲れさまでした。
      mushoku2006様の日記大変参考になりました。
      これからも参考にさせていただきます。

      四天王辞退の件は承知いたしました。
      今まで尽力をありがとうございました。
      私もmushoku2006様のご発展を心よりお祈りいたします。

  • 和製バフェットさん

    いつも楽しくブログ読ませて頂いてます!
    以前からVTやVTIやVOOは保有してるのですが、
    バフェットさんの投資手法を参考にさせて頂き、
    最近は少しずつ国内個別銘柄を売却してVGTやQQQやマック、スタバ、VISA等の米国個別銘柄にシフトしていってます。

    今回ご相談させて頂きたい件は『貸株』についてです。
    現状はSBI証券にて特定口座で国内個別銘柄(情報通信セクター)と投信(ダウやS&P500等々)と、
    外国株式の口座では同じくSBI証券の特定口座で
    上記の株式を保有してます。
    他にも運用はしてますが現状は株式投信ETFがメインで上記のみだとまだ戦闘力2600万程です…

    国内株式口座では貸株可能な銘柄はすべて『優待優先』で何年も貸株を続けてます。
    外国株式口座でも『カストック』を利用してすべての可能銘柄を貸株にしています。
    自分なりに調べてみたのですが良く理解できなかったので質問させて頂きました。
    国内の方は『貸株配当金相当額』が入金されますが
    調べてみると雑所得になる為に税金で配当受取額を損してしまうだとか?外国株式口座の『カストック』の方は
    SBIのHP上だと配当金も額面通り受け取れると記載があるのですが、
    正直、貸株をした方が特なのか、貸株はしない方が良いのか判断つきません。
    どちらの方が良いのでしょうか?
    和製バフェットさんは貸株は利用されてますか?
    お忙しいとは思いますが、
    なにとぞ宜しくお願いしますm(__)m

    • YUSUKE様

      いつもブログ見ていただきありがとうございます。
      申し訳ございません、自分は「貸株」についての知識は有しておりません。
      ゆえに、YUSUKE様のお役に立てるようなアドバイスはできかねます。

      ただ、自分が理解できないものには手を出さないほうがいいと思われますので、
      やるとしたらきちんと理解できるように
      なってから貸株に手を出すのがいいんじゃないかな?と自分は考えます。

      • 和製バフェット様

        お忙しい中、返答ありがとうございます。
        レスポンスが早くて驚きました!

        わたし的には、役に立つアドバイスを頂けましたよ。
        一度『貸株』は全て解除することにしました。
        その上でもう一度調べなおし、しっかり理解できた上で再度『貸株』を利用するかどうか再検討することにします。ありがとうございました!

  • たびたび質問させていただいてます。ややおです。
    いつも丁寧に返信していただきありがとうございます。

    もしかしたら、記事で書かれていたら申し訳ございません。

    全体の評価額が、-8%になったら損切は理解できました・
    ただ、毎月の積立の銘柄選定で先月からの増減率で決めている気がするのですが、今まで積み立ててきた期間の増減率で決めるのか先月からの増減率で決めるのかどちらなのでしょう?

    もしよければ、ご回答していただけると幸いです。

    • ややお様

      毎月の積立投資する銘柄についてですが、
      「前回購入した価格よりも高値」
      となります。

  • コメントを残す