【戦闘力】2019年9月末の戦闘力

和製バフェットです。
毎月恒例の戦闘力の推移です。
ちなみに今月は結構支出が多かったので戦闘力はどうでしょうか?
70万ほど支出がありました。

和製バフェットの戦闘力アップ方法

  • 中期~ 成長株に投資をする
  • 銘柄はマイクロソフト、ビザ、スターバックス、マクドナルド、ダナハーの5銘柄
  • 見立て違いから成長株でなく成熟株や衰退株などのくそダサい銘柄であった場合は損切りをすることで戦闘力を守る
  • 買った時よりも高値で買う、ナンピンはしない(マーケットが下がっているときは除く)

ざっくりこんな感じです。
このやり方で戦闘力を3億目指します。

さて、2019年9月末の戦闘力です。

「はあああああああああああああああああああああああああああ!!!」

みんなも自分の戦闘力を測定するときは必ず「はああああああ!!!」と叫んでね。

保有株式

会社株数株価評価額
マイクロソフト2256137.73$310,718.88
ビザ1121174$195,054.00
VGT615213.22$131,130.30
スターバックス281988.37$249,115.03
マクドナルド1053213.16$224,457.48
ダナハー935141.56$132,358.60
アップル1218.82$218.82

合計1,243,053.11ドル(134,249,736円)
※9月中旬に比較して-7,413.08ドル(91.5万円)となっております。
※アップルはマイナス8%損切り、プラス20%の利確の練習のために購入しました。現在は+6%ほどになっております。

キャッシュ

7,820,485円
(前回の8,409,130円に比べて58.8万のマイナス。ギャルにつかった戦闘力30万が響いていますね。)

戦闘力

1億4207.0万

戦闘力の推移

戦闘力は150.4万のマイナスです泣

9月中旬から9月末の株価推移

ちなみに今月BF太郎が60万円投資したアルトリアグループは10%以上の下げw
お前戦闘力を上げる気ないだろw まあ、お前はメイン収入がブログだもんな

となっております。
ビザとスターバックスが最高値からかなり下落しております。

  • ビザ
    185.74ドル(9/5)→174.00ドル(9/28)
  • スタバ
    99.11ドル(7/25)→88.37ドル(9/28)

と言ってもビザとスタバが今後もきっちりと増収・増益を続けてくれれば一時的な下落で再び株価は上がり続けてくれることでしょう。
もちろんそうでない可能性も十分ありますのでその場合は売って逃げる必要があります。

成長株の過去のチャートパターンを見てみます。

成長株の父ウィリアム・J・オニール曰く、チャートのパターンは50年前、100年前と全く変わらず同じような動きを見せると言っております。
これは人間が50年前、100年前と変わらず喜怒哀楽の生き物だからです。
ビザとスターバックスが一時的に低迷しており、今後も成長するならこのようなチャートの動きを見せてくれるだろうと思うので、一時的に低迷した成長株のパターンを見てみます。
(当然、ビザとスターバックスがオワコンになる可能性もあるので、それも頭に入れるべきであります。)




引用先:オニールの成長株発掘法P.30、51、70

ビザとスターバックスが取っ手付きカップであることを祈る!

成長株に最もよく見られる「取っ手付きカップ」
成長株が一時的な低迷期に入る際に最もよく見られるチャートのパターンです。
オニール曰く、7週間~65週間かけて形成されるが、大概3ヵ月~6ヵ月とのこと。
スターバックスとビザが一時的であることを願い、再び上昇し始めたら和製バフェットは赤の〇印のところかそれ以降で買い増す予定です。

追加投資をするなら低迷期を抜け出してからになります。

しかし、上昇せずに下がり続け、評価額がマイナス8%になったらその時は売ります。
個別株の場合、自分は長期投資家だからと下落中の株を持ち続け、安いからと買い増しするのは大きな痛手をもらたす可能性があることも頭に入れるべきではないでしょうか?
自分は正しいのは自分の意見や考えではなく、マーケットであると考えておりますので、株価が上昇している銘柄のみ追加投資をしていきます。
つか極めて一般的な考えができるなら株価が上がり資産が増える銘柄が良い銘柄で、いくら配当がもらえてもそれ以上に株価が下落し資産が減る銘柄がくそダサい銘柄と思うっしょ。

最後に一応、念のために伝えておきますが、成長株投資を行って戦闘力を上げていきたい方は
「オニールの成長株発掘法」
はいいと思いますよ。

ドゥーユアベスト

ランキングに参加しております。よろしければクリックお願いいたします。

4 件のコメント

  • ビザもそうですが、QQQが思ったより上がってないので私も今月はマイナスですね。
    QQQは配当なし(少しはあるはずですが今月振り込まれてないんですよね)なので
    成長を期待したいです。

    こういう地合だとぽすとさんのようなやり方が(アメリカの最終的な勝利を疑わなければ)
    精神的に楽ですね。リーマンショック級でも余裕で積立できそうです。

    やはり個別50、VOOやVTI50が楽しみ資産運用と堅実資産運用の丁度いいところだと思います。

    配当が年1の日本株から来ると、やはり三ヶ月に1回の配当は嬉しいものですね。
    「タコが自分の足を食うようなもの」という話もありますが、マクドナルドやコカコーラが
    無配当なら逆に変でしょうし。

    • zaq様

      QQQならETFなので相場関係なしに積み立てしていっても大丈夫であると思われます。
      自分はVGTに投資をしておりますが、相場が下落気味の時はVGT マクドナルド スターバックスに投資をしていく次第です。

      VOO50%
      個別50%
      が精神的に楽なのはそうですね。
      自分は法人の運用はVOO:VGTの50%ずつにしました。

      マクドナルド、コカ・コーラ、ペプシ、P&Gは手堅いと思われます。
      自分は一財産作ったらそれらにも投資しようかな?ともおぼろげながらに考えています。

      • 薔薇の艦隊
        https://rosefleet.net/
        のエディだ。

        ETFの甘い誘惑。

        ETFに乗り換えるとき、私の物語は終わる。

        つまり、ゲームオーバー。

        神聖アケルナル帝国(S&P500指数連動ETF)の軍門に下ることを意味する。

        精神的に楽になるならば、いっそ、女帝エリダヌス七世の甘い誘惑のとりこになるか?

        それとも、厳しい道と知りつつも、ローズとの愛を貫くか?

        決まっている。後者だ。

        私は、個別株で勝利を目指す。

        • エディ王子

          ファイツだ。
          おれは目標まで達成したら3分の1ずつにする可能性が高い
          EFT
          個別株
          J-REIT

  • コメントを残す